スポーツ選手

守田英正のポジションやプレースタイルは?プロ1年目で代表入りの根拠を調査!

投稿日:

Pocket




プロ1年目で日本代表入りした川崎フロンターレの守田英正選手、ポジションやプレースタイルに非常に興味がありますね!そこで守田英正選手のポジションやプレースタイルについて、またプロ入りするまでの経歴や実績そして家族や彼女の存在も調べてみました。

スポンサーリンク




守田英正のポジション(複数)やプレースタイル(ポジショニング・パス・守備・キープ力)は?

(出典:https://www.jsgoal.jp)

守田英正選手はポジショニングのセンスに優れた選手です。本格的にボランチをはじめてからまだ2年ほどですが、それまでは攻撃的なアタッカーとしてのサイドバックのポジションでプレーしていました。守田英正選手のプレースタイルの特徴は、首を振って周りの状況を確認する回数が非常に多く、ポジショニングを常に修正しています。

自分のポジションを捨てて攻撃に参加するということはあまり多くない選手ですが、自分の持ち場の中でより優位になるような細かいポジショニングが上手く、大きくポジションを変更することなく優位性を作ることが出来るのですね。ですので、ポジション変更のリスクも少なくて済むという意味で、位置取りが上手いため賢い選手といえます。

さらに、川崎フロンターレには大島僚太選手、中村憲剛選手といった素晴らしいゲームメイカーが所属しているので、そのような選手達と常にコミュニケーションを取っていきサッカーでの頭の使い方は今後も成長していくでしょう。守田英正選手はビルドアップ能力が高く、ポジショニングでパスコースを確保できるゆえに、シンプルなパスが多いですよね。

その一方、守田選手は相手の意表を突くようなパスも出しますし、この使い分けをキックフォームを変えることなく軸足の重心移動や足に当てるポイントによって行っているので、キックの瞬間まで相手ディフェンダーは読みづらいという特徴があります。分かりやすい例を挙げると遠藤保仁選手のコロコロPKに近い蹴り分け方です。

また中距離パスの精度も高く、左足でも右足と同様に使えるところも大きな特徴といえます。という訳で、守田英正選手はポジショニングセンス、ボール奪取能力があり、守備力は高い選手といえます。もともと守備にこだわりがあまりない選手だと思いますが、持っているポテンシャルは高く、攻撃的なポジションからボランチにコンバートして間もないので守備への意識は上がっていくでしょうし、細かい駆け引きの部分は発展途上ですね。

そして、守田英正選手はボールを受けてからパス選択の判断が早く、ドリブルをあまり必要としないプレースタイルの選手ですが、ドリブルも得意な選手であり、ボディバランスが非常に良くて相手から遠い位置にボールを置いてキープするのがうまいのです。守田選手はドリブルにも才能のある選手で、元々はドリブルを多用するプレースタイルでしたが、パス中心のプレースタイルへの変更でドリブルが影を潜めていったのかと思われます。

今後はパスを中心とした現在のプレースタイルに加えて、ドリブルを組み込んでいく余裕が生まれたならもっと化ける可能性があるのではないでしょうか。

守田英正のプロ入りまでの経歴評価や選抜歴は?

守田英正選手の中学は高槻市立第九中学校です。好きだったガンバ大阪のジュニアユースの試験の結果は、残念ながら不合格に終わりました。クラブチームに入りたいという考えがなくなったため、兄と同じ中学校のサッカー部に入部します。熱心に指導してくれる顧問の存在で守田選手の中学時代はサッカーの練習に明け暮れました。

中学卒業後、金光大阪高校に進学した守田選手。1年生の頃から少しずつ試合には出ましたが、結果的に全国大会出場は3年間でゼロでした。都道府県ベスト4が限界だった状況に、プロになるという夢が厳くと感じられるのです。プロになる方法を必死で考えた守田選手は、流通経済大学への進学を決意しました。

サッカー推薦ではなくセレクションで受験して自力で入学を果たします。大学では。攻撃的だったスタイルを守備的に変更します。それを転機として大学での地位を確立していきます。最終的に大学No.1ボランチとなるまでに成長を遂げ、4年生時に全日本大学サッカー選手権に優勝。大会最優秀選手賞を獲得し、ユニバーシアード代表にも抜擢されています。

プロ入りの際いくつかのオファーを大学卒業後に受けますが、守田英正選手は悩み抜いた末に最終的に川崎フロンターレを選びました。

スポンサーリンク




守田英正の大学最後の大会での実感は?

多くの選手は大学最後となる試合を前にしても、実際に優勝を果たして大学4年間の終わる現実を迎えても「実感がない」と言う選手が多いのですが、守田選手は大学最後の試合前から「あと1つで大学が終わる、と実感ありますよ。すごく。そうしてひとつひとつ考えて大学生活を過ごしてきましたから」といいました。

「ここまで来たら、優勝しかない」その思い通りに優勝を果たし、さらに満場一致でMVPにも選出されました。守田選手はスタートとなったデンソーチャレンジカップでも関東選抜Aで出場して優勝とMVPを獲得し、インカレでも優勝とMVPを獲ったのです。

守田英正は全日本大学選抜に同僚選手負傷で追加招集!

守田英正選手は3年生の秋にはじめて、全日本大学選抜に選出されています。川崎フロンターレでは大島僚太選手が負傷で守田選手に白羽の矢が立ちましたが、この日本代表選出と同パターンにより、守田選手大学3年のときの全日本大学選抜選出も、同じく流通経済大学でプレーするDF今津佑太選手(現ヴァンフォーレ甲府所属)の負傷辞退で、追加招集という形で全日本大学選抜に選出の経緯があったんです。

この全日本大学選抜への参加が、本人がいうように守田英正選手の運命を変えた出来事となりました。

守田英正と流通経済大の出会いが人生を変えた!攻撃的選手をサイドバックにした中野監督の目は?

高校時代まで超攻撃的な選手だった守田英正選手にに守備をさせたのが、流通経済大の中野監督です。流通経済大のトップチームの攻撃陣はものすごい選手ばかりでしたので、守田選手が攻撃的な選手のままだったら、プロでの日本代表入りは難しかったといわれています。守田選手も試合に出られるなら守備を学ぼうと考えて、監督に怒られながらも自分の中で整理して、一つ一つのプレーを深く考えたからこそ、現在の日本代表としての活躍があるんですね。

守田英正が川崎フロンターレに決めた理由は?

守田英正選手がプロ入りする際に川崎フロンターレに決めた理由ですが「今の自分では通用しない」と思ったからだそうです。チーム内で1番下にいるという、あえて厳しい環境に身を置く決断をしたことが、今の守田選手を作り上げたといってもいいのでしょうね。

守田英正の家族や彼女などプロフィールは?

(出典:https://www.zakzak.co.jp)

守田英正選手のプロフィールを見てみましょう。

出身地:大阪府高槻市
生年月日:1995年5月10日(23歳)
身長:177cm
体重:74kg
所属チーム:川崎フロンターレ
ポジション:MF/DF

守田英正選手の彼女や結婚情報が気になりますね。サッカー選手の結婚は一般に早いといわれていますが、守田選手はまだ結婚していないようです。そして、現在は彼女の情報もありませんでした。ですがもし一般人の彼女ですと発覚しにくいですし、結婚報告で知るという可能性もありそうですね。

そして、守田英正選手の好きな女性芸能人は吉瀬美智子さんで好きな女性のタイプは、ショートヘアの優しい人なんだそう。守田選手の家族は、父親、母親、兄、姉の5人です。3人きょうだいの末っ子ということですね。守田選手の父親や母親の名前や職業は公表していないようで、分かりませんでした。

今後の活躍によって、記事になったりテレビ出演もあるかもしれないですね。守田選手がいうには両親は明るい人なんだそうです。明るい家庭で育った守田選手がイメージできますね!

守田英正が森保JAPAN日本代表に内定!

守田英正選手は日本代表として、所属する川崎フロンターレからの唯一の森保JAPAN招聘選手となりました。その期待に応えるべく、守田選手本人も相当の自覚を持って取り組んでいるみたいです。

守田選手の活躍するサッカーJリーグを始め、海外サッカーやテニス、野球など日本と海外のスポーツをライブ中継の他に見逃し配信で見ることが可能な動画配信サービスが『DAZN』です!

月額1750円で見放題と設定されていますが、登録から1ヶ月間のお試し期間があることで、無料期間中に解約すれば料金は発生しないのですよ。専用のスマホアプリもあるためスマホでも視聴可能ですし、もちろんPCでも見ることが出来るのです。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓

守田英正のポジションやプレースタイルは?プロ1年目で代表入りの根拠についてまとめ

サッカー選手の中では苦労人の部類に入るといっていい守田英正選手。どんなに挫折を味わっても歯を食いしばりやってきたのはやはり、それだけサッカーが好きなのでしょう。今年2019年の南米選手権や2022年カタールW杯での活躍が期待できそうですね!

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.