スポーツ選手

奥川恭伸投手(星稜)の身長何cm? 彼女や中学について調査!

投稿日:

Pocket




星稜高校・奥川恭伸投手の身長って何cmでしょうか、結構高身長なイメージがあります。また、彼女はいるのか出身中学なども気になる所ですね。そこで、甲子園での奪三振ショーが期待される星稜高校・奥川恭伸投手の身長や彼女について、さらに出身中学や両親のことなども調べてみました。

スポンサーリンク




奥川恭伸投手の身長体重など経歴プロフィールは?出身中学と名前の読み方も調べてみた!

(出典:https://www.sankei.com)

星稜高校の奥川恭伸投手の身長体重などプロフィールを見ていきましょう。

名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)
生年月日:2001年4月16日
出身:石川県かほく市
出身小学校:かほく市立宇ノ気小学校
出身中学:かほく市立宇ノ気中学校
身長:181cm
体重:78kg
最高球速:147km
投打:右投げ右打ち

奥川投手は小学2年の時に少年野球チーム・宇ノ気ブルーサンダーで野球をはじめ、石川県スポーツ少年団優勝・かほく市招待野球優勝・河北郡市夏季大会優勝などを果たしています。4年生からは山瀬慎之助捕手とバッテリーを組み中学高校と現在までともに歩んできました。中学時代の奥川投手は1年生の冬から投手1本になり、3年の時に全国中学校軟式大会優勝を果たしています。

奥川投手が中学時代から心がけていることは、笑顔を絶やさないことだそうです。常に笑顔でいれば観客や様々な人を味方にできるし野手に安心感を与えられるという信念なのですね。素晴らしいですね!

奥川投手のイメージは高身長な感じですが、実際の身長は何cmでしょうか。調べてみると奥川恭伸選手の身長は181cmです。野球をやっているとはいえ、かなり身長が高いですよね。体重の方は78kgです。バランスの取れた素晴らしい肉体ですね。奥川恭伸投手は、星稜高校の1年生の春頃からベンチ入りを果たしていました。高校1年生の春ということは、入学して即戦力ということです。そして、秋にはもうエースの座を掴みます。

奥川恭伸(星稜)の練習方法が凄い!150キロを計測したシーンとは?

奥川恭伸投手は星稜高校へ電車で通学時、バインダーのクリップをつまむ練習をしています。これは、指先がボールに引っ掛かる感覚を養うためと奥川投手本人が言っています。そして、この練習が正しいかどうかは分からない、とはいってるんですね。しかし奥川恭伸投手はこの練習のおかげで球の回転数をあげたり、直球の質向上ができたそうです。

感覚は本人にしか分からないのですが、感覚を失わずに自分の球として上手く投げていけるのでしょう。奥川恭伸投手は、高校2年生にして球速150キロを出しています。以前は146キロでした。150キロ出したのは、炎天下の中の大会で8回の時です。体力がかなり消耗してるであろう時に最速を出すとは、怪物ですよね。

150キロを出したシーンの動画がTwitterにありますが、4000回以上も再生されています。たった5秒の動画ですが、それだけですごさが分かります。また、打ちにくそうというのも見て分かります。

奥川恭伸の高校での活躍や成績は?

奥川恭伸投手は星稜高校に入学すると、いきなり春に公式戦デビューしています。まだ入学してわずかな時期にいきなり試合に出ているのですから、怪物ぶりがわかりますよね。しかも秋にはエースとして活躍しています。やはりすごいです。そして、2018年秋の明治神宮大会で北信越地区で優勝に貢献しています。

星稜高校は2019年の春甲子園に出場していますし、そこで全国制覇の期待がかかりますね。バッテリーを組む山瀬選手と高校も全国制覇が狙えそうです。2018年の夏の甲子園では星稜高校はサヨナラ負けを喫しているので、その悔しさをぶつけて欲しいです。奥川恭伸投手は、北信越大会で10者連続三振を奪っています。

横浜高校・及川雅貴投手の記事はこちら→及川雅貴投手(横浜)は彼女がいる?中学はどこなのか調査!

奥川恭伸投手はイケメンだけど恋愛中で彼女がいる?家族(父親母親兄弟)について調査!

(出典:https://www.zakzak.co.jp)

さて、そんな星稜高校の奥川恭伸投手がイケメンだと噂が出ています。また彼女は?という声もあるようなので調べてみました。イケメンと噂になっている理由は、それだけ笑顔が素敵だということです。現ヤンキースの田中将大投手に似ているともいわれています。そこで写真を見てみましたが、確かに田中将大投手に似ていました!

(出典:https://www.excite.co.jp)

角度や写真によると思いますが、確かにイケメンだという印象は受けます。また、それだけイケメンですので彼女はいるのか気になりますよね。田中将大投手の奥さんの里田まいさんのような彼女がいても不思議じゃありませんので調べてみましたが、現在彼女がいるという情報は出てきませんでした。彼女を作るよりも今は野球一筋だという事かもしれませんね。また、星稜高校が恋愛禁止かどうかの情報は出てきませんでした。

また、奥川恭伸投手の家族構成は父親、母親、兄の4人家族です。両親の仕事、お兄さんについてはあまり出てきませんでしたが、奥川投手さんの応援に来るはずなので、もしかしたら中継で映るかもしれませんね!

スポンサーリンク




奥川恭伸の宇ノ気ブルーサンダー時代には父母が応援に?

2019年のセンバツでは星稜高校の奥川投手の父親の隆さんと、山瀬捕手の父親の貴幸さんが応援に来ていました。宇ノ気ブルーサンダー時代はきっとご両親は大会の応援に来ていたでしょうね。奥川投手はチームの主将を務めていましたからね。

奥川恭伸はもはや同世代に敵なしで奪三振ショーを連発?

2019年のセンバツでは、星稜の奥川恭伸投手が強打の履正社打線を相手に17奪三振、3安打完封と圧倒的な力を見せました。履正社は、去年2018年秋の公式戦で11本のホームランを打った強力打線が持ち味で、センバツでもこれまで準優勝2回の実績があります。「圧倒的日本一」を目標に掲げて、優勝候補の一角にあげられている強豪校でした。

そんな履正社相手に奥川投手はさっそく球速150キロ超をマーク!1回、2球目にして甲子園のスピードガンが150キロを計測。その後、自も最速の151キロを計測するなど、序盤から得意のストレートで履正社打線に力勝負を挑みました。「ストレートを待っていると分かったが、ファールになっていたので押せると思った」。

奥川投手は、強打の履正社打線を抑え込んでいきました。さらに、スライダーやフォークなどの変化球もさえわたりました。特に決め球のスライダーは曲がり幅が大きく、履正社ベンチでは「消える」とまで言われていました。強打の履正社打線相手に5回までに10個の三振を奪った奥川投手ですが、その勢いは止まりませんでした。

結局、9回までに17個の三振を重ねました。

奥川恭伸のドラフト評価や進路先は?

奥川投手は2019年ドラフト上位候補としてすでに話題になっています。球速は150kmで地肩も強いため、当然のようにドラフト評価は高まっています。スタミナ面が課題ではありましたが、最近は解消されてきていてプロでも通用する地盤が固まってきています。さらに球種はスライダー、フォーク、シンカー、チェンジアップと多彩で即戦力としても期待できますからね。

各球団の奥川投手への評価を見てみましょう。

・阪神・筒井和也スカウト:マウンドでの度胸やさばきもいい。力のある球を低めに投げる持ち味。体と気持ちのコントロールもできている。
・中日・米村明チーフスカウト:可能性やスケールの大きさを感じる。球質が魅力で能力も高い
・ロッテ・永野チーフスカウト:来年1位候補。コントロールも良く守備なども野球センスがある

このように、軒並み高い評価ですよね。そして、秋のドラフトまでにはさらに力をつけているはずなので、上位指名は堅いと思われます。ただ、進路先として大学進学の可能性もあるでしょう。

奥川恭伸投手(星稜)の身長何cm? 彼女や中学についてまとめ

ピッチャーとしての球質が魅力の奥川恭伸投手、今年中は甲子園での勇姿が間違いなく見られそうですし、優勝校選手としてクローズアップされるのも楽しみですよね!ぜひ応援したいと思います(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.