スポーツ選手

宮原知子ブサイクすぎるって本当?両親が沖縄か調査!

更新日:

Pocket

女子フィギュアスケートの宮原知子選手に『ブサイクすぎる』なんてヒドい噂があるようです!どう見ても『ブサイクすぎる』からは程遠いのですが・・・また両親は沖縄と思っている人も多いみたいですので、宮原知子選手の噂の真相と両親は本当に沖縄出身なのか、調べてみました。

スポンサーリンク




宮原知子ブサイクすぎるって本当?昔の歯列矯正前より矯正後の現在が余計かわいい!

宮原知子選手に『ブサイクすぎる』などという噂がありますが、フィギュアスケート選手と言えば演技より風貌や、女性ならば美を追求した愛くるしさが大事ですよね。また男性選手としては「格好良さ」が大きく視聴者の目に焼き付く、しかしそのような美にあふれた種目なのに、なぜ宮原知子選手は『ブサイクすぎる』という噂がでたのでしょうか?宮原選手がブサイクすぎるなんて、本当でしょうか。

『ブサイクすぎる』などと言われてしまったその原因は、大きく二つあるといわれています。まず人相を決める歯列がバラバラ、歯と歯の間には大きく隙間があったようです。人間は歯が命です。歯列矯正は小さい内に始めるといいのですが、フィギュアスケートは人間の美を象徴するスポーツ、美しさを求められる種目に歯列矯正できない歯を晒すのは、スケーター生命にとって死活問題でもあるのです。

フィギュアスケート選手にとって大事なのがバランス感覚、特に左右対称の感覚だそうで、回転やジャンプをする時にバランスが取れていなければうまく演技が出来ないそうです。テレビに映る事も多くありますし、見た目の点でも歯の矯正は大事かと思われますが、歯のバランスがフィギュアスケートに影響するという要因もあるのですね。

宮原知子選手の2012年の映像には歯の矯正器具を装着していましたが、現在はつけていないようです。歯並びも綺麗になっていますから、歯の矯正が完了したと考えられます。確かに、昔の歯列矯正前より矯正後の現在のほうががかわいく見えるのは、やはり歯というものの要素が大きいのかもしれませんね。ですから宮原知子選手の『ブサイクすぎる』噂はデマといって良いでしょう。

宮原知子の両親は両親が沖縄在住で病院勤務の噂の真相は?

宮原知子選手の両親は沖縄在住という噂がありますが、宮原知子選手の両親は、沖縄ではなく京都で医療に従事しています、そのような(両親が沖縄)噂が立ったのは宮原知子さんの顔にあったようです。宮原知子選手本人も、母親に似て目鼻立ちがはっきりとしており、それが沖縄出身だという情報になったのだと考えられます。

宮原知子選手の両親と沖縄との関係に、はっきりとした情報が見つかりませんでしたが、沖縄出身というのは単なる噂に過ぎないものと思われます。やはり宮原知子選手の目や鼻口の配置が沖縄っぽいことから、両親が沖縄という噂を生んだのでしょう。

宮原知子の母の画像と職業そして似ている?父の職業は医師なのか出身大学肩書年収調査!

宮原知子選手のお父さんは、京都大学付属大学で呼吸器外科部長との肩書があります。お父さんのお名前は宮原亮さん。子供にフィギュアスケートをさせるには相当の経済力が必要ですが、父親の肩書がこうでしたら全く問題ないですよね。また母親の宮原裕子さんも凄い人だったので、驚きですね。

母親は京都市立血液内科医!内科医の母と外科医の父親を持つって、はっきり言ってうらやましい限りです。宮原知子選手が根性あってメンタルが強いのは、両親のおかげでしょうか?そのような両親に育てられた宮原知子選手、一度高校在学中に医学部にあこがれを持ったようですが、関西大学に入学、文武両道で頑張っていけるのも、この両親の影響力は強かったのでしょうか?

お父さんの年収ですが「外科部長である以外に日本外科学会専門医、日本胸部外科学会認定医、日本呼吸器外科学会専門医評議員、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、このように4つの肩書をお持ちです。年収については、正確な金額は分からないのですが相当高いと思われますね。

宮原知子選手の両親についての記事はこちら→宮原知子はほっぺがかわいい?両親医師で病院はどこか調べてみた!

宮原知子の新プログラムは演技や衣装が子供っぽいと話題?

(出典:https://www.sankei.com)

USインターナショナル2018での新プログラムで着用した衣装が好評な宮原知子選手ですが、以前試合で着用した水色のフレアが印象的な美しい衣装が、子供っぽいと言われたことがありました。『19世紀にパリで流行したロマンチックスタイルを表現した、気品あるスタイルを意識した衣装』とツイッターで宮原知子選手が言ってました。全く子供っぽくはないですよね!

ひょっとしたら、宮原知子選手が小柄で華奢な体型のため、子供っぽさを感じさせてしまったのかもしれないですね。競技審査委員に指摘されたそうなのですが、基準がどうなっていたのでしょうか。以前、羽生選手も衣装の事で減点されたというエピソードも有名で、衣装に関しては、細かな規定があるのかもしれませんね。

フィギュアスケートの衣装というのは、強くなればなるほどこだわりや、質の良いものを取り入れていくようです。ですので、おのずと高級な衣装へと変わっていきます。第一条件は動きやすいことですが、演技の雰囲気や選手のオーラに合った衣装を作ことも、重要です。激しい動きにも耐えられる装飾も必要ですからね。

宮原知子選手の衣装についての記事はこちら→宮原知子の衣装2019が話題?変更前より子供っぽいのか検証してみた!

スポンサーリンク




宮原知子の兄弟姉妹など経歴プロフィールは?実家は京都で妹もスケート選手なのか調査!

(出典:https://imgjapan.com)

宮原知子選手のプロフィールを見てみましょう。生年月日は1998年3月26日、家庭の都合でアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで暮らします。4歳までアメリカにいたことで、卓越した英会話力を取得します。アイススケートとの出会いは4歳、京都に戻りスケート教室は5債から通い始めました。

学歴はまず立命館小学校を卒業、関西大学中等部、高等部を経て関西大学文学部に駒を進ませました。フィギュアスケートに打ち込み、まさしく大学生時代は文武両道だったのです。しかし平昌オリンピックの為、大学生活中休学して木下工務店が入る木下グループに嘱託契約を結び、平昌オリンピックに臨みました。

平昌オリンピックでは惜しくもメダルは逃したものの、4位という輝かしい結果を残してくれました。宮原知子選手の演技はとても可憐なので目を奪われてしまいます。フィギュアスケートを始めたきっかけは母親の裕子さんの「やってみる?」の一言。実際やってみたら楽しかったというスケートでこんなにも成長するなんてとてもすごいです。

平昌オリンピック終了後、もちろんですが関西大学を復学。しっかりと大学を卒業しています。宮原知子選手には妹が1人いて宮原由紀子(みやはら ゆきこ)さんといいます。宮原知子選手と同じくスケートをしていたそうですが、現在は体操をしているといわれています。お姉さんがここまで偉大な選手だと、その下でスケートを続けるには、相当のプレッシャーがあったのではないかと噂されています。

宮原知子のワキ毛画像が流出?平昌五輪の小雀に捧げる歌がヤバい!

アベル・コジェニオウスキ作曲の『小雀に捧げる歌』で、宮原知子選手はUSインターナショナル2018のショートプログラムでは、67.53点の高得点をマークしました。また平昌オリンピックでも『小雀に捧げる歌』で、素晴らしい演技を披露したのです。そんな宮原知子選手にワキ毛画像疑惑があったのですが、どうやら2016年のグランプリファイナルでの衣装が白のノースリーブで、脇のところに影ができたためワキ毛疑惑が言われているみたいです。

実際は、宮原知子選手や他のフィギュア選手はワキ毛疑惑どころか、人並以上にきれいにしているといえますでしょう(^^)

宮原知子が英語ペラペラな理由は?文武両道説を調査!

宮原知子選手の素晴らしい点の中でも、周囲が羨む「言語力」は凄いとしか言えません。実は小学校2年生のころまでアメリカで生活していたと言う、両親が医者という家庭環境でうまれたのです。だから通訳を通さず他国の選手と会話する宮原知子選手を妬む人がいたのではないでしょうか?しかし宮原選手は負けてもその悔しさを糧にするメンタルの強さは、誰も真似できないのではないでしょうか?

たおやかでに麗しいイメージと、「負けても立ち直る」と言うどのようなスポーツにも共通して言える、大事なものを持っている選手です。宮原知子選手は恵まれた環境に甘えない性格だといえますね。「文武両道説」がありますが、たゆまぬ努力の積み重ねが、今の宮原知子選手に至ったと言えます。

宮原知子の英才教育と海外生活の過去?

宮原知子選手は、両親が医者という事から小学校2年生まではアメリカのヒューストンで生活をしていました。スケート教室へは5歳から通って日本でも京都で通っていました。今でも通訳なしで海外の記者からの質問に答えられるのは、アメリカ生活で身に着けた英語力なのかもしれませんね。

そして、ゴルフや卓球などは親がその競技を実際にやっていて親から教わったという事例も多いのですが、フィギュアスケートの場合はそのようなパターンはあまりなく、小さいころからの英才教育が鍵を禾っているのかもしれません。

宮原知子がスケートを続けたのは祖母の存在と関係のおかげ?裏話は感動の秘話!

宮原知子選手がこれほどまでスケートで大きく成長できたのは、祖母のおかげだそうです。お父さんもお母さんも医師として病院で働いているため、家を不在にすることが多かったようです。確かに病院の先生ですと、当直や急患などとても忙しい事でしょう。日頃の面倒は祖母が見ていたそうで、スケートリンクへ通うのも祖母がが付き添っていたそう。

運転免許を持っていなかった祖母は宮原知子選手と、京都市伏見区の醍醐スケートリンク(2005年に営業を終了し現在は閉鎖されていますが、数々のフィギュアスケーターを世に送り出してきました)まで一緒に電車で送っていってくれたとのこと。練習終わりに食べる夕食のお弁当も持たせてくれて、何から何まで尽くしてくれたとのことです。

孫はかわいいとはよく言われますが、ここまで献身的な祖母は珍しいですね。ご両親も祖母には頭が上がらないのではないでしょうか。そんな家族の全面的な協力の下、今後ますます活躍していく宮原知子選手の姿が想像できますね。

宮原知子ブサイクすぎるって本当?両親が沖縄についてまとめ

現在は女子フィギュア選手の中でも最も安定感があるイメージの宮原知子選手、やはり幼いころからの不断の努力が、ここまでの実を結んだといって良いでしょうね。今後の活躍がますます楽しみですね(^^)

スポンサーリンク




関連記事
安藤美姫の父親(子供の)は真壁喜久夫と判明?しゃべくりで検証!

羽生結弦の海外の反応は可愛い?身長高く見える理由と体重も調べてみた!

田中刑事がかわいそうな理由は?ハーフの噂を調べてみた!

坂本花織の顔は苦手?顔小さいけどブサイクすぎる噂を検証してみた!

関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.