スポーツ選手

野村克也の前夫人は?子供について調べてみた!

投稿日:

Pocket




2月11日に惜しまれて亡くなられた野村克也さんには、野村沙知代さんではない前夫人がいたといいます。という事は子供もいたのでしょうか。戦後のプロ野球を代表する名選手だった野村克也さんについて、前夫人や誕生した子供の情報を調べてみました。

スポンサーリンク




野村克也の前夫人は正子?出会いを調べてみた!

野村克也さんの夫人としては『サッチー』野村沙知代さんが知られていますが、実は野村克也さんは沙知代さんより早く前夫人がいたのです。野村克也さんの前夫人の正子さんは、南海電鉄の社長令嬢でした。野村克也さんと前夫人の正子さんは1960年に結婚します。

ノムさんは正子さんと結婚してから、成績が絶好調になります。

1962-67年:6年連続で打点王
1961-68年:8年連続ホームラン王
1965年:三冠王(戦後初)

戦後初の三冠王という偉業を達成した野村克也さんですが、ちなみに平成で三冠王を達成したのは松中信彦さん一人だけ、それほど達成困難な記録なんですね。平成に活躍したプロ野球選手といえば、イチローさん、松井秀喜さん、城島健司さん、福留孝介さんなどなど、日本プロ野球を飛び出し、メジャーリーグに挑戦した選手も多数いました。

三冠王の可能性も十分にあったはずの日本を代表するスラッガー達でさえ、三冠王には縁がありませんでした。一方、世間から見た正子さんのイメージは、”自分は一歩下がって、旦那さんを立てるタイプ”でした。今でいう『あげまん』になるでしょうか。

野村克也の離婚理由はサッチーとの泥沼不倫?

野村克也さんの成績が絶好調で、前夫人の正子さんの関係は良好とみられていました。そんな時、ノムさんは1970年8月にサッチーと出会います。当時南海ホークスの選手兼任監督を務めていた野村さんは、試合で東京を訪れていました。そして試合後に、原宿の行きつけの中華料理店で沙知代さんと相席になったのが、出会いのきっかけです。

(出典:https://anotherstorysign.com/)

談笑は盛り上がり愛人関係に発展していきます。二人の愛人関係が続き、野村克也さんと前夫人の正子さんは、1968年頃には別居を開始していたといいます。この時まだ沙知代さんは別の男性と婚姻関係にあり、正子さんも別に男がいたようです。いわゆる、ダブル不倫の関係です。

出会った当時、ノムさんは沙知代さんを『明るい女性だな』と好意的に思ったそうです。

野村克也の本当の離婚理由は前夫人の浪費癖と浮気が真相?

ノムさんは以前テレビ番組で、

「自分が前妻を捨てたのではなく、前夫人が浮気をしたからで、事実は逆」

と話していました。ですから、ノムさんと前夫人の正子さんの離婚原因は、ノムさんとサッチーの不倫ではなかった訳です。先に正子さんの心がノムさんから離れたので、ノムさんは沙知代さんと関係を深めたという流れです。しかし、正子さんは既に亡くなられ確認する事はできません。

また、正子さんはお嬢様育ちなので家事をしなかった、浪費癖が凄かったともいわれています。野村克也さんいわく、自分が遠征のたびに男性を家に呼んでいた、2人のお手伝いさんはそれを知ってたとの事。

ノムさんと前夫人との大変な別れサッチーとの結婚までを時系列情報で

ノムさんが前夫人の正子さんと別れ、サッチーと結婚するまでを表してみます。

1968年:ノムさんと正子さんが別居
~1970年:別の男性と正子さんが不倫?
1970年8月:ノムさんとサッチーの出会い
1973年7月:ノムさんとサッチーの長男が誕生(非嫡出子)
1974年:ノムさんが長男を認知
1976年:サッチーが前夫(アルヴィン)と離婚
1978年1月:ノムさんと正子さんが離婚成立
1978年4月:ノムさんとサッチーが再婚

ノムさんと沙知代さんとの出会いから3年ほど経った1973年、後述します次男の克則さんが誕生しました。実は、克則さんが誕生した1973年時点では、ノムさんと正子さんとの離婚は成立していませんでした。その理由は、正子さんが離婚する気がなかったからです。

野村克也さんは気持ちが離れていて、正子さんは違ったのでしょうか。克則さんが誕生して以降も、正子さんは離婚を拒み続け、離婚が成立したのは1978年、実に別居して10年後でした。

スポンサーリンク




野村克也と前夫人の子供の画像は?

(出典:https://anotherstorysign.com/)

野村克也さんと前夫人の正子さんには、結婚の翌1961年に長男である陽一さんが誕生します。野村克也さんと正子さんの離婚後、すである陽一さんの親権は正子さんに渡りました。ですから野村克也さんが子供の陽一さんと接触した情報もなく、ほとんど情報がありません。

野村克也氏の息子は計総勢4人!克則は非嫡出子だった?

野村克也の息子は4人!

先述のように、野村沙知代さんも野村克也さんの前夫がいて、アメリカ人のアルヴィン・エンゲルさんという男性と結婚していました。アルヴィンさんとの間に長男・ダン(日本名:団野村)と次男ケニー(日本名:野村克彦)の二人の子供を授かっています。離婚後に野村克也さんと再婚し、沙知代さんの2人の子供も野村克也さんと義理の親子関係になっています。

団野村

(出典:https://iroirog.info/)

団野村さんは現在、KDNスポーツ社・KDNマネジメント社及びKDNスポーツジャパン代表取締役としてアメリカ・スポーツ界のエージェント(交渉代理人)として活躍中です。『交渉代理人』とは、プロスポーツ選手の代わりに、チームと入団や契約金などの各種の交渉を行う人物です。

団野村さんは1977年に、ヤクルトスワローズにテスト生として入団していますが、1軍出場がないまま退団となり、現在のエージェント業に携わり、野茂英雄選手が渡米する際の交渉代理人として活動しました。

野村克彦

(出典:https://twitter.com/)

団野村さんの弟である野村克彦さんは、カリフォルニア工芸大学に進学後に広島カープに入団し、2年間在籍します。その後は北海道日本ハムファイターズに移籍したものの、1軍出場の機会は最後までありませんでした。その後はプロ野球を退団し、日本とアメリカのスポーツアドバイザーとしての活動に取り組み、母である沙知代さんへの暴露本「グッバイマミー」を発売しています。

沙知代さんとも一度は金銭トラブルがありましたが、復縁して2017年の沙知代さんが亡くなる2週間前にも、面会していたそうです。野村克也さんについても「野球を教えてくれた」と語っている為、家族仲は良かったようですね。現在は都内在住で、子供(娘)はロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム球団職員の野村沙亜也さんです。

(出典:https://kiyo0406.com/)

野村克則

(出典:https://iroirog.info/)

野村克也さんと沙知代さんの実の子供である野村克則さん。1995年からヤクルト~阪神~巨人~楽天を渡り歩いて、現役引退後は楽天~巨人~ヤクルトのコーチを務めています。克則さんが1973年に生まれた時、サッチーとこの時まだ婚姻関係になかったノムさんは、当初克則さんを認知しませんでしたが、翌1974年に認知しました。

野村克也の前夫人は?子供についてまとめ

野村克也さんの数多くの名言の中に「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」というものがあります。もともとは江戸時代後期の平戸藩主であった松浦静山の言葉になりますが、その真意は、素直に自分に足りない点を反省し、順調な時もおごらず感謝の気持ちを忘れない、そしてどんなにつらくても、人の道を外れる事は決して行わないという、一貫してそのような生き方をする事が、『勝つ』という質なのかもしれませんね。

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.