芸能人

武井壮の睡眠時間45分は嘘?兄弟や結婚のエピソードが感動的!

投稿日:

Pocket




武井壮さんについては、睡眠時間が45分といわれているのは嘘ではないのかという声があるようです。そして、兄弟や結婚のエピソードが感動的だと話題になっています。今回は武井壮さんの睡眠時間が45分説が嘘なのかの真偽や、兄弟や結婚のエピソードをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




Contents

武井壮の睡眠時間45分は嘘じゃない?記録して短時間睡眠のコツをつかんだ!

(出典:https://www.lmaga.jp)

“百獣の王”武井壮さんは、睡眠時間も王者っぽく“45分”と、人間離れしているって本当でしょうか。武井壮さんは2013年8月に、Twitterで呟かれています。

『オレの睡眠時間は1日45分だという情報はちと違う。。医師によるとオレは45分の睡眠で一般人の7時間睡眠と同程度の長さレム睡眠が取れている。。だから45分でも充分休息が取れる。。それを1日3回は取るから、1日21時間睡眠してる計算。。短い睡眠時間で猛烈に回復する男、それが武井壮。。』

つまり、武井壮さんの睡眠時間45分というのは、嘘ということでしょうか。武井壮さんの睡眠時間は、最初から短かったわけではないようです。“睡眠のコツ”を研究し、突き詰めていった結果、短くなったんですね。睡眠時間を減らすのと、ぐっすり眠るのは、相反することのように思いませんか。

武井壮さんは、この両立を実現させるため、まず『思いきり疲れる』ようにしました。また『生まれ育った土地(地元)の気温・湿度を自分の部屋で設定する』といった生活環境を整え、『体温を計る』などし、それらのデータを記録分析し、試行錯誤した結果の睡眠時間だったんですね。

武井壮さんがどのようなデータを集めたのかは後述しますが、もともと2時間の睡眠が通常の人の12時間睡眠に匹敵するほど、レム睡眠が少ない特異体質らしく、物心ついてから4時間以上の睡眠を取ったことがないんだとか。武井壮さんは“惰眠を貪る”人とは、対極にあるようですね。

武井壮は9千人に1人の逸材だから「眠いは嘘」と言って一回消す?

「眠い」は嘘?

武井壮さんは“百獣の王”とは言っても人間です。睡魔が襲ってくることも、もちろんあるそうです。そんなときには「眠いと思うのは嘘」と、眠気を打ち消しているんだそうですよ。“眠い”というのは、脳が「少し疲れているから、ちょっと休ませてよ」と言ってるんだとか。

武井壮さんいわく、

「そこで寝ちゃうと何時間も寝ちゃうじゃないですか」

確かに何時間でなくても、数分、数十分は眠ってしまいますよね。だから武井壮さんの場合は脳に「眠いって嘘だろ」と、眠気を打ち消して、映画『ロッキー』とか見るんだとか。眠いのに映画見たら、そのまま寝ちゃいそうに思うのですが、武井壮さんの場合は違うんですね。

“百獣の王”は、『ロッキー』などの熱い映画を見ると、眠気がぶっ飛んでしまい、「自分も、やんなきゃいけない!」と燃えてきて、深夜でも外へ走りに行ったりしちゃうんだとか。そして思うんだそうです。「やっぱり嘘だった。まだ起きてられるじゃないか」このエピソードだけでも“百獣の王”らしいですよね。

9千人に1人の逸材

私たちの脳は1日を24時間周期で生きられるように、太陽の光や睡眠でリズムを保っているんだそうです。それが崩れると、睡眠障害や、うつ状態を引き起こしてしまうのだとか。でも武井壮さんには、そのような障害はありませんよね。この武井壮さんの睡眠データは、これまでに9千人以上の症例と向き合ってこられたスリープクリニック院長の遠藤拓郎先生ですら、初めて見る症例で驚かれたと言われています。

まさに“9千人に1人の逸材”といっても過言ではなさそうです。“人類の進化系”や“ニュータイプ”とも揶揄されますが、武井壮さんの場合は、努力をして進化したタイプといえますね。

人間が最低限健康を維持するのに必要な睡眠時間と自分のベストな睡眠時間を知る方法は?

睡眠の質について

普通、人は6時間眠った場合、そのうちの睡眠時間全体の約20%、72分ぐらいしか“深い睡眠”はないのだそうです。深い睡眠をとっている間、体はメンテナンスを行うんだとか。そのため、たっぷりと眠ったはずなのに、身体がダルいというのは、深い睡眠をしっかりとれていないのかもしれません。

睡眠の質は1回の就寝で、深い睡眠がどのくらいできるかで変わるそうです。睡眠時間が短くても、深い睡眠が多ければ、いい睡眠といえるようです。2013年5月に放送されたテレビ番組『人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP』で、武井壮さんが脳波計などをつけて睡眠をとる実験が行われました。

武井壮さんの睡眠時間は、公言とほぼ同じ46分。しかも入眠まで1分。14分後には深い睡眠に突入していました。結果、睡眠時間の50%以上が、深い睡眠だったことが判明。武井壮さんは普通の人より、10倍以上早く深い睡眠に入るので、2倍以上効率よく体力を回復し続けている“超効率睡眠”だったのです。

武井壮が行った実験とは?

武井壮さんが、いつも元気でいられる秘訣は、睡眠にあったんですね。武井壮さんは“超効率睡眠”をするための“コツ”も明かしています。まず睡眠時間8時間を3時間、3時間、2時間と分けてみて、どのぐらい身体がダルいのかを試します。睡眠時間を2時間、2時間、2時間にしたり、1時間を4回にするなど、様々なパターンも試してみるのがいいそうです。

睡眠時間を試すだけでなく、屋外と屋内の気温と湿度、そして体温を1日6回計測しておきます。もちろん体調と睡眠のバランスが大切なので、疲労の回復度や身体のダルさなどを、ひたすらチェックします。武井壮さんはこの方法を試行錯誤した結果、45分の睡眠の中で、深い睡眠が約70%とれるように、体質も睡眠環境も改善しました。

1回45分の深い睡眠を、1日に3回取れば、大丈夫な身体になったんだそうですよ。長くダラダラ眠るんじゃなく、眠るのも効率的なんて、武井壮さんらしいですね。

武井壮のように睡眠時間を1日45分に減らす方法を知りたい人のTwitterでの声を調査!

武井壮さんのように、睡眠時間が45分まで短くならなくても、3時間くらいになってほしいと思う人は多いようです。1日は24時間しかないのだから、睡眠時間が短くなれば、ゲームをしたり、遊ぶ時間が増えます。勉強する時間や、仕事をする時間もできます。

デートする時間を作れるという声もあります。睡眠時間が短くなると、人生の時間を倍になり、好きなことをできる時間が増えるという声ばかりです。

「武井壮のように睡眠時間が45分になったら、もっと好きなことができるのに」
「武井壮のように寝なくていい身体だったら、どんなによかっただろう」
「武井壮になりたい!」

などの、羨む声が多く聞かれます。中には、武井壮さんのようになりたくて、短時間睡眠を実行し、挫折してしまう人も現れています。

「睡眠チャレンジしましたが、不可能でした」
「武井壮、スゲー!」

体力だけでなく、精神面でも鍛え上げなければ、睡眠時間45分の身体には、なれないようですね。

武井壮は異常?国内・海外での睡眠時間が短い有名人を調べてみた!

ショートスリーパーと不眠症は別?

昔から、睡眠時間が短い“ショートスリーパー”と呼ばれる人はいます。特に偉人に多い印象なのは、偉人でないと歴史に残らないからというのもあるでしょう。ナポレオンやエジソンは、睡眠時間が4時間だったそうです。オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世は、3時間しか眠らなかったとか。

エジソンは、考える時間をどうやって作っているのか聞かれ、「寝なければ、8時間あるじゃないか」と答えたそうです。森鴎外も
「人間は二時間寝れば沢山だ」と言っているとか。真偽のほどは謎のようです。ショートスリーパーと不眠症は、似ているけれど別なんだとか。

今となっては、偉人がショートスリーパーだったのか、不眠症だったのか確かめることはできませんね。

黒柳徹子も実践

(出典:https://dot.asahi.com/)

武井壮さんと同じ、分割睡眠を実践している有名人で忘れてはならないのは、黒柳徹子さんでしょう。黒柳徹子さんは22時から2時の間が、最も盛んに成長ホルモンが分泌されるからと、その時間帯は寝ることにしたのだそうです。なので、夜中の2時過ぎに起床。そして3時間ほど仕事をして、再び眠るんだそうですよ。

黒柳徹子さんは女優でありタレント。声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家で、同一司会者によるトーク番組の最多放送記録は、ギネス世界記録更新中。現在も86歳とは思えない活躍をされている黒柳徹子さんのように、武井壮さんも“百獣の王”として、何歳になっても活躍し続けてほしいですね。

スポンサーリンク




武井壮と兄弟である情の生い立ちが壮絶で勉強もスポーツも生きるためだった?日本一になった翌日のどん底と今の収入は「いただきもの」という考えを検証

文武両道だった学生時代

武井壮さんは、東京にあるスポーツ強豪校の私立修徳中学・高等学校を卒業しています。

「僕は中学・高校は6年間ずっと中間・期末テスト、全部学年トップだったんですよ」

武井壮さんは文武両道だったんですね。

「うちの学校は成績がトップだと学費も入学金も全部タダになるんですよ」

確かに武井壮さんが言うとおり、現在もその制度はあります。武井壮さんには、学費がかからないようにしなければならない、経済的事情がありました。幼い頃にご両親が離婚。親権はお父さんが持ちましたが、実際には2歳上の兄・情さんと兄弟2人で暮らしていました。

住む場所はあったけれど、お父さんからの援助は少なく、生活費は自分で稼がなくては食べていけない日々。小学生の頃は、事情を知った方が、ゴミ出しの手伝いをすると、お駄賃をくれたそうです。中高生の頃は、生活のためにアルバイトをするも収入は少なく、月末にはガスや電気が止められてしまうこともあったんだとか。

武井壮さんの生い立ちについての記事はこちら
↓  ↓  ↓
武井壮の生い立ちってうそだった?父親や学歴について調査!

陸上で日本一を目指して

境遇を知っていた学校の先生が、「勉強においで」と家に誘って、ごはんを食べさせてくれたこともありました。スポーツも勉強も、生きるために“仕方なく”努力していると思っていたんだそうですが、その努力が報われ、武井壮さんは1992年に神戸学院大学法学部へ進学します。

法学部というから、弁護士や検事といった堅い職業に就く選択もあったでしょうに、なぜか武井壮さんは大学に進学した頃から、スポーツでもプロとしてやっていけるだろうと思うようになったんだそうです。そして、何かひとつの競技を選び、日本一になって、テレビで目にするスター選手になる人生を想像したのだとか。

武井壮さんが選んだのは、陸上競技の選手で日本一になり、スターになることでした。当時の陸上競技といえば、カール・ルイス選手が大活躍。日本人では1991年のバルセロナオリンピックで、マラソンの有森裕子さんが銀メダルを獲得し脚光を浴びたばかりでした。

兄の死

(出典:https://yononakanews.com/)

武井壮さんは大学で陸上競技を始めると、日本一になって実業団に入りスター選手になるというプランを、想像していたんですね。ところが、武井壮さんが22歳の時にお兄さんが小腸がんで亡くなります。お兄さんは中学卒業後、すぐに芸能界を目指して坂上忍さんの付き人に。

やっと、テレビや映画で小さな役をいただけるようになった矢先のことでした。2歳上のお兄さんが芸能界を目指すと言い出した頃、弟の武井壮さんは必死に勉強して奨学金で学校に通っていた、とにかく生活が苦しかった時期。「なに、夢みたいなこと言ってるんだ」と子供心にも思い、よく兄弟喧嘩していたんだそうです。

けれど、唯一の身内といってもいいお兄さん。若いので進行が早かったのでしょうか。闘病期間は1年なかったそうです。お兄さんのぶんも、人生を充実させたいという気持ちが強くなった弟の武井壮さんは、大学3年のときに短距離から十種競技に転向します。

武井壮さんのお兄さんについての記事はこちら
↓  ↓  ↓
武井壮の兄の死因は?坂上忍との関係に驚愕!

十種競技とは?

ちなみに十種競技とは、

1日目:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m
2日目:110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m

の合計十種類の種目を行い、その記録を得点に換算し、合計得点で競う陸上競技の中でも最も過酷な競技です。武井壮さんは神戸学院大学卒業後は、スカウトされた中央学院大学に入学し、本格的に十種競技に取り組み、1997年の日本選手権で優勝します。中でも100mのベスト記録10秒54は2015年まで、十種競技・100mの日本最高記録でした。

ついに武井壮さんは、“日本一”にのぼりつめたのです。日本一になると、すぐに実業団からオファーがありました。でも、そのオファーの報酬は、一般的なサラリーマンとさほど変わらない額。野球ならイチロー選手、スピードスケートなら清水宏保選手など、同年代のスーパースターと肩をならべることを想像していただけに、日本一になった翌日、ドン底に落ちたような気分になったというのも納得です。

お金は“自由への鍵”

天国から一夜にして地獄を見た武井壮さんは、ようやくマイナーな陸上競技の中でも、十種競技は特にマイナーな種目だったことに気付いたんだそうですよ。中央学院大学を卒業と同時に陸上競技はやめ、1998年から2000年までアメリカにゴルフ留学します。2001年1月から2月にかけては、台湾プロ野球の冬季キャンプ特別コーチを務めたりと紆余曲折を経て、2003年頃から芸能活動を始めた武井壮さんは、お金に不自由しない生活を手に入れた今でも、

「お金というのは、活動の制限を取り除いてくれる“自由への鍵”だと思っています」

と語る武井壮さん。有名になり、多くの仕事をするようになった今でも、兄弟で身を寄せ合った子供の頃の自分を思い出し、不安になることがあるそうです。だからこそ、今得ている収入は、“いただきもの”でしかないと、謙虚になれるのかもしれません。もし少しでも今の立場を勘違いしたり、自分の能力を磨くことを怠れば、一瞬でこの収入は断たれてしまうと思っているんだとか。

「今の収入は、自分の“能力”だけでは手に入らない、ありがたいものなんです」

そう言える武井壮さんだからこそ、みんなに支持されるんでしょうね。

武井壮が結婚した元嫁の画像(写真)が可愛い!そのスタンスと発言が思わぬ波紋を呼び「よく言った」と共感の声?

山田海蜂プロフィール

武井壮さんはバツイチですが、お相手だった女性について、気になりますよね。武井壮さんが結婚していた女性のプロフィールがこちらです。

(出典:https://yomidr.yomiuri.co.jp/)

山田 海蜂(やまだ みほ)
本名:山田 美穂(やまだ みほ)
1973年6月21日生まれ
東京都調布市出身
身長:164.5㎝
体重:45.5kg
血液型:O型。
調布市立第四中学校
日本女子体育大学附属二階堂高等学校
日本女子体育大学卒業
現役時代:ジャスコスポーツクラブ(現・イオンスポーツクラブ)所属
14歳で新体操を始め、5年後の1992年には、バルセロナオリンピック出場(個人総合18位)
1994年、四大陸選手権大会出場・優勝
1996年、アトランタオリンピック出場(個人総合20位)
その後、東京大学総合教育学科研究生を経て、日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科において運動学を修了
TBS番組『KUNOICHI』に出演
『マッスルミュージカル』に出演
2006年11 – 12月、矢沢永吉コンサートツアー2006『ROCK OPERA 2』に出演

出会いは『マッスルミュージカル』

同い年の武井壮さんとは、『マッスルミュージカル』で共演が出会いで、2004年に結婚されました。『マッスルミュージカル』の基本コンセプトは“筋肉で音楽を奏でる”。ミュージカルといっても、歌と芝居によって物語が進行するミュージカルじゃありません。

高さ3メートルを超える巨大な跳び箱(モンスターボックス)を飛んだり、身体を叩いた音で奏でるリズム音楽(ボディスラップ)、超高速の腕立て伏せ、連続側転、舞台上に設けられた水槽での水中アーティスティックスイミングといった演目が定番で、歌や台詞は皆無に等しいミュージカルになっているんだそうです。

出演者の驚異的な身体能力を最大の武器として、舞台演劇に融合させた珍しい形式の舞台になっています。池谷直樹さんや照英さんらを中心に、オリンピックに出場したアスリートや、身体能力の高いタレントが出演。武井壮さんと山田海蜂さんは、このミュージカルで出会った“筋肉婚”だったんですね。

「オレのことは必要?」

結婚はしたものの、武井壮さんは当時ゴルフのトレーナーやアスリートのコーチなどをしていたので、全国各地を転々とする生活。2005年1月には、萩本欽一さんが創設した社会人野球チーム『茨城ゴールデンゴールズ』に投手として入団。武井壮さんは、ほぼホテル暮らしの多忙な日々で、結婚したのに夫婦で過ごす時間がなかったようです。

武井壮さんが元嫁の山田海蜂さんに「オレのことは必要?」と聞いたところ、返ってきた答えが「わからない」ということだったので1年あまりで結婚生活にピリオドを打ったんだそうですよ。武井壮さんは昔から、なんでも自分で考え、相談せずに実行してしまうところがあるとかで、元妻の山田海蜂さんは「あの人は私に、何も相談しない」と不満を持っていたんだとか。

そんなバツイチの武井壮さんは、あるときテレビで、結婚相手の年齢を「若ければ若いほど良い」と発言してしまいました。“無邪気な女性が好き”という意味で言ったんだそうですが、言葉のチョイスを間違えてしまったんですね。案の定、かなり批判する声があり、武井壮さんは「こうなったら絶対結婚しねえぞ!」「独身人生の素晴らしさを満喫しまくってやる!」と、開き直りともとれる独身宣言までしてしまいました。

武井壮の発言に共感の声?

「そもそも結婚なんて、ただのルールだろ!」確かにそうですね。ところが、誰か気になる人でもいるのか「でも運命の出会いを果たしたら、するかもしれん!」と決意の揺らぐ武井壮さん。ところが武井壮さんの発言に、賛同する声が殺到しています。

「武井壮さん、よく言ってくました!」
「結婚してないからって、どうして周りに色々言われなきゃならないんだ」
「“結婚”しなくても、一緒にいるだけじゃダメなの?」

昔と違って、結婚しないという選択肢もある時代。結婚してもしなくても、自由ですよね。でもいつか武井壮さんが、一緒に暮らしたいと思う女性が現れるとしたら、どんな女性なのか気になりますね。

武井壮(百獣の王)の学歴(高校・大学)などプロフィールは?

(出典:https://spice.eplus.jp)

最後に武井壮さんの、波乱万丈な人生を、簡単にプロフィールとしてまとめてみました。

武井 壮(たけい そう)
1973年5月6日生まれ
東京都葛飾区出身
修徳中学校・高等学校
神戸学院大学法学部
中央学院大学卒業
所属事務所:SPECIALIST JAPAN
職業:タレント、マルチアスリート
身長:175cm
体重:69kg
肩書き:百獣の王を目指す男
部活動
中学時代:野球
高校時代:ボクシング
大学時代:陸上競技
(短距離から十種競技に変更)
1998年~2000年:アメリカ・ゴルフ留学
2001年1月~2月:台湾・プロ野球チーム“中信ホエールズ”冬季キャンプ特別コーチ
同年3月~2010年:帰国・スポーツトレーナー
2003年頃~:芸能活動を始める
2005年1月、社会人野球チーム“茨城ゴールデンゴールズ”入団(投手)
同年末:退団
2005年:本人役で映画『タッチ』に出演
2006年3月:ピエール瀧さんに“発見”される
同年5月:スペースシャワーTV『Oxala!』(ピエール瀧・森山直太朗MC担当)において、森山直太朗さんのマラソンチャレンジのためのトレーナーとして準レギュラー出演
2012年5月:『うもれびと』に“百獣の王を目指す男”として、森山直太朗さんに紹介される
2004年頃~2013年頃:家なし生活(実家、友人の家、ホテル生活)を送る
2015年1月:インド映画『ミルカ』に日本代表選手役で出演
2020年2月:本田圭佑さんが東京都で立ち上げた社会人サッカーチーム『One Tokyo』監督に就任

おもな競技歴

陸上
1997年:第81回日本陸上競技選手権大会
*男子十種競技・優勝 7606点

マスターズ陸上
2013年:第20回世界マスターズ陸上競技選手権大会
*200m(40-44歳クラス)・銅メダル
*100m(40-44歳クラス)4位
2015年:第21回世界マスターズ陸上競技選手権大会
*4×100mリレー(40-44歳クラス)・優勝
2018年:第21回世界マスターズ陸上競技選手権大会
*4×100mリレー(45-49歳クラス)・優勝

ゴルフ
1998年5月-12月:ダンロップアメリカンキャンプ
1999年2月-2000年1月:USGAハンデ1.3取得

野球
2005年1月-2005年末: 茨城ゴールデンゴールズ所属
2005年6月 – 現在:芸能人草野球チーム『神様』所属

武井壮の睡眠時間45分は嘘?兄弟や結婚についてまとめ

睡眠時間45分は嘘ではなかった武井壮さん。自称“何でも屋”だけあって、アスリート、役者、司会など、何でもチャレンジしています。これから、どんなことにチャレンジされるのかが楽しみですね。

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.