スポーツ選手

紀平梨花のカップは?グランプリファイナルフリーの動画がスゴい!

投稿日:

Pocket

カナダでのグランプリファイナルショートフリーで大躍進の女子フィギュア紀平梨花選手は、カップにも注目が集まっています。さて何カップでしょうか。そしてザギトワ選手を得点で上回ったグランプリファイナルショートフリーの演技を動画で見てみたいものですね。そこで紀平梨花選手の圧巻の動画、探してみました!

スポンサーリンク




紀平梨花のカップ数(胸)は?

(出典:https://twitter.com)

今、女子フィギュアスケートで大注目の存在といえば、12月にカナダで行われたグランプリファイナルで大本命のザギトワ選手を撃破し優勝した、紀平梨花選手でしょう。そして現在、紀平梨花選手には演技だけでなくカップにも注目が集まっています。果たして紀平梨花選手のカップ数は何カップなのでしょうか。

当然というか、紀平梨花選手はスリーサイズは公表してませんので、カップ数も正式にはわかりませんね。ですから推測するしかないのですが、おそらく紀平梨花選手のカップ数はB~Cカップなのではないか。といわれています。ただ、紀平梨花選手は年齢的にもこれから身長やカップは成長していくと思われますね。

ザギトワ選手の記事はこちら→ザギトワ画像の私服とすっぴんがかわいい!最新画像まとめ

紀平梨花のグランプリファイナルフリーの動画(SP・FP)がスゴい?シニア戦の初戦で優勝!

(出典:https://myarekore.com)

2018年12月に開催されたグランプリファイナルでショート・フリー合計233.12点で見事優勝を飾った紀平梨花選手ですが、その演技の動画が素晴らしいと絶賛されています。グランプリファイナルのショート82.51点、フリー150.61点をマークしどちらの動画も圧巻です。それでは紀平梨花のグランプリファイナルショート・フリーの動画をそれぞれご覧いただきましょう。

紀平梨花選手グランプリファイナルショート動画(2018年12月7日)

紀平梨花選手グランプリファイナルフリー動画(2018年12月8日)

紀平梨花選手は、シニア戦の初戦となる2018年9月22日のオンドレイ・ネペラ杯で、16歳の若さで見事優勝しています。ショートプログラム(SP)で70.79点で首位に立ち、フリーでは今季世界最高(当時)となる147.37点をマーク。合計218.16点をたたき出しました!

紀平梨花トリプルアクセル(3回転半)を2回成功で4回転にも挑戦中!世界最高得点の演技は?

(出典:https://news.biglobe.ne.jp)

紀平梨花選手は、オンドレイ・ネペラ杯のSPではトリプルアクセルに失敗してしまいますが、フリーの演技では2回成功させ、日本だけでなく世界を驚かせました。何と言っても紀平選手の武器はジャンプです!2016年9月の女子フィギュアジュニアグランプリシリーズ第5戦スロベニア大会では、女子史上7人目のトリプルアクセルに成功し優勝しました。

この世気もとても綺麗に飛んでいるので、余裕すら感じられます。トリプルアクセルは、女子選手の日本では公式試合で伊藤みどりさん、浅田真央さん、中野友加里さんの3人しか成功していません。紀平梨花選手はトリプルアクセルだけではなく、この試合で6種類全ての3回転ジャンプを8つノーミスで成功していて、これは公式戦で世界初の快挙だそうです。

紀平梨花選手は、4回転サルコーを2017年の公開練習で決めているほど、日本女子屈指のジャンパーです。現在は4回転トーループを中心に練習しているみたいですが、『取り入れるのはもっと完璧になってからにたい』と話しているそう。女子の4回転ジャンプの波も世界ではきているので、習得して2022年の北京オリンピックで披露したいという目標にむかっているそうです。

スポンサーリンク




紀平梨花のかわいい身長体重などwiki風プロフィールは?幼稚園・中学・高校を調べてみた!

(出典:https://www.hochi.co.jp)

本名:紀平梨花(きひらりか)
出身地:兵庫県西宮市
生年月日:2002年7月21日
身長:154cm
体重:40〜45kg(非公表のため身長から推測)
職業:フィギュアスケーター
趣味:音楽鑑賞
血液型:O型
所属:関西大学KFSC

3歳の頃に、母親と姉とアイスリンクに行ったのが紀平選手とスケートとの出会いだそうです。そして5歳の時からスケート教室に通い始めました。そのほかにも当時はバレエ、体操、ピアノなども習っていたそうですよ。紀平選手の幼稚園は、広田幼稚園という『ヨコミネ式教育法』という英才教育を受けてきたそうです。

体を動かす基礎能力を習得して、卒園時に全員が小学校1年で習う漢字と九九をマスターし、7段の跳び箱を飛べるようになっているらしいです。紀平選手のトリプルアクセルのルーツは、幼稚園での英才教育にあったのかもしれませんね。その後は西宮市立大社小学校を卒業し、西宮市立上ヶ原中学校に入学します。その後に転校し、関西大学中等部に通学していました。

高校はそのままエスカレーターで関西大学高等部に進学することなく、ネット高校の『N高』に進学しています。N高は、角川(書店)が創立した学校法人で、通信制の高校です。アスリートは優先順位をスポーツとしている人も多いので、通う必要のほとんどないネット高校を選ぶ場合がある様です。

学業は最小限に抑えて、フィギュアに力を入れている訳ですね。

紀平梨花選手のすっぴんの記事はこちら→紀平梨花がかわいいと画像掲示板で話題?親や高校についても調べてみた!

紀平梨花の姉とコーチは?ジュニアでの成績を調べてみた!

紀平梨花選手の姉・萌絵(もえ)さんは元フィギュアスケーターで今は、avex artist academyに所属しているそうです。事務所に所属という感じではなく、『avexで学んでいる』というイメージでしょうか。

紀平選手のコーチは田村岳斗(たむらやまと)さんで、イケメンと話題になっています。25歳でフィギュアスケートを現役を引退してから、指導者として浜田美栄コーチの下で活躍してるとのことです。現役時はhideオマージュのコスチュームでエキシビジョンに出場したりしました。

(出典:https://shiningpilot.com)

紀平梨花選手はジュニア時代から抜群の成績を残し将来を期待されていました。主な成績を見てみましょう。

2018年 オンドレイネペラトロフィー 優勝
2017年 JGPファイナル 4位
2017年 全日本選手権 3位
2017年 全日本ジュニア選手権 優勝
2017年 JGPイタリア大会 3位
2017年 西日本ジュニア選手権 優勝
2017年 JGPラトビア大会 2位
2017年 アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝
2016年 西日本ジュニア選手権 3位
2016年 JGPファイナル 4位
2016年 JGPチェコ大会 2位
2016年 JGPスロベニア大会 優勝
2016年 トリグラフトロフィー(A.Nv) 優勝
2015年 全日本ノービス選手権(A) 優勝

紀平梨花の両親の職業は資産家?

フィギュアスケートをやっている紀平梨花選手ですから両親はさぞお金持ちなのでは?と思ってしまいますよね。ですが、調べたところ両親共に普通のサラリーマンのようです。知られているように、フィギュアは遠征費や衣装代など色々とお金がかかるスポーツです。本格的にフィギュアを始めたら、月に20万はかかると言われているのである程度『高給取り』でなければ難しいと思われます。。

紀平選手の母親は元々正社員で事務職をしていましたが、紀平選手のサポートに徹するために、時間の融通の利くデパートに転職したそうです。紀平選手の家庭は決してお金持ちという訳ではなく、共働きで紀平選手を精一杯支えているのでしょう。それがまた、スゴいところですね。

紀平梨花の彼氏はいる?

かわいくてスケートもめっちゃ上手い紀平梨花選手に彼氏がいるのかは気になるところです。ですが現在のところ紀平選手の彼氏についての情報はありませんでした。今はとにかく、フィギュア一本という事で頑張っているのかもしれませんね、ストイックですね!

紀平梨花の筋肉はクリロナで腹筋や体脂肪率・鍛え方は?世間の声調査!

紀平梨花選手は、かわいい顔をしていてもアスリート、筋肉が凄いです。男性アスリートでいえばサッカーのCロナウド級?まあ男女差があるのでそれは言い過ぎかもしれませんけど、腹筋は見事なシックスパックです。そして体脂肪率は6%だそうです。そんな紀平選手の筋肉調整法ですが、食生活やトレーニングはもちろんなのですが、「毎日の練習を、筋肉の状態に合わせるように」しているそうです。

そして、紀平梨花選手の筋肉に対する世間の声は

・凄いなあ紀平梨花ちゃんの筋肉
・羨ましい紀平梨花ちゃんみたいな筋肉になりたい
・素敵細マッチョの紀平梨花ちゃんサービスポーズを見れたおかげで幸せに今日は眠れそうです。筋肉は裏切りませんね。

ツイッターなどでもかなり話題になっているんですよね!

Cロナウド選手の記事はこちら→ロナウドの子供(長男)の母親は誰?サッカー上手すぎ!

紀平梨花のカップは?グランプリファイナルフリーの動画についてまとめ

シニア初年度から快進撃を続ける紀平梨花選手、これからの注目度も尋常ではないと思いますが、先輩女子スケーターもいい刺激を受けてさらに、全体レベルの底上げがなされていくのではないでしょうか?いずれにしてもこれからが楽しみな存在ですね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.