スポーツ選手

山本草太とコーチの相性は?怪我を克服して復活!

更新日:

Pocket

怪我からの復活を果たした山本草太選手、まさに本人とコーチとの壮絶な努力の結果といえるでしょう。そんな怪我からの復活劇を成し遂げた山本草太選手のコーチをご紹介すると共に、そのスケーティングの魅力を検証そして気になる彼女の情報などについても調べてみました。

スポンサーリンク




山本草太のコーチや振付師は誰?

山本草太選手のコーチや振付師をご紹介したいと思います。

元コーチには長久保裕さん、大西 勝敬さん、林 祐輔さん。

・長久保裕元コーチ
山本選手の名古屋市時代の元コーチの長久保裕さんは1972年に札幌オリンピックの代表として活躍した選手でした。あの有名な荒川静香さん、短期間ではありますが浅田真央さんのコーチをしていた時期もあったようです。その他は本田武史さんや田村岳斗さん、鈴木明子さんなど多くの選手を育ててきました凄腕のコーチです。

・大西 勝敬元コーチ
1973年に国民体育大会で優勝し、同じ年の全日本選手権では3位入賞。町田樹選手、加納誠選手、平池大人選手。北村明子選手などが教え子です。厳しく、基礎練習を重点的に行い、大阪時代の山本選手を育ててきました。

・林 祐輔元コーチ
林祐輔さんにも大阪時代にコーチについてもらっていました。1997年から3年間、全日本選手権に出場し、その後コーチとなりました。主な教え子としては、高橋大輔さんがいます。

現役コーチでは成瀬葉里子さん、川梅みほさん、本郷裕子さん。

・成瀬葉里子コーチ
NHK杯のときのコーチで山本選手の他に鈴木明子選手のコーチもしています。

・川梅みほコーチ
2014ソチオリンピックの日本代表選手団

・本郷裕子コーチ
本郷理華選手の母で、全日本選手権の出場経験があります。コーチの他に振付師としても活動しています。

・振付師、宮本賢二さん
高橋大輔さんの振付を担当したり、人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』の振付や『ENDLESS NIGHT』の振付も担当していました。スケートファンが増えるきっかけとなったことと思います。最近では解説者として活躍もしているようです。

・鈴木明子さん
バンクーバー、ソチ五輪で8位入賞した実力者。振付師としてはまだまだ発展途上なようです。

山本草太怪我に悩まされるも2017年に完全復活で全日本選手権9位!

(出典:http://www.chunichi.co.jp)

山本選手は右の足首を骨折してしまい、完治したかのように思えましたが再び骨折をしてしまい、その後も痛めたりが続き3度も手術を行いました。最初の骨折は世界ジュニア選手権出場の直前、大会に向けての移動当日の練習で右足首を骨折してしまい、試合を棄権せざるを得ませんでした。

そのまま2016-2017シーズンを迎え、この年はシニアに上がる年でしたので、骨折も順調に回復し5月には氷上での練習をはじめ、ドリームオンアイスにも出演をしています。ところが7月末に右足首の内側くるぶしを骨折、オータムクラッシックは欠場でした。手術後に10月の西日本選手権に出場予定でしたが、みたび同じ右足首を怪我をしてしまい、出場できませんでした。

このように、シニアに移行する予定の2016-2017シーズンは試合に出場するのはおろか、練習もままならない状況だったそうです。これほど何度も同じ箇所を怪我をしてしまっては、怪我の痛みだけでなくモチベーションを保つのも辛いでしょう。本当に山本草太選手にとっても辛い1年だったでしょうね。

応援しているファンにとっても辛い話ですし、今の男子フィギュアスケートでは質の高い4回転ジャンプを飛ぶのがトップ選手への必須条件ですが、山本草太選手もジュニアの時から4回転トゥループが出来ていました。ですから4回転トゥループ、トリプルアクセルなど難易度の高いジャンプの練習に力を注いでいた2016年に右足首を骨折したんですよね。

山本選手は2度の骨折と3度の手術(ボルトを入れたりもしたそう)を経て2017-2018シーズンには復活を遂げます。ファンは2017年こそは復活すると待ちわびていたので、嬉しかったでしょうね。9月の全日本選手権へ出場するためのブロック予選としての中部選手権が、山本草太選手の復帰戦でした。

この復帰戦では怪我の影響もあり、ジャンプは全てシングルジャンプ(1回転)でした。当時の山本草太選手は「練習も全然出来ず気持ちもよくない。ジャンプが全てシングルジャンプなのが本当に恥ずかしいと思い、出たくなかった。」と語っています。しかしそれと同時に山本選手は、自分がフィギュアスケートを5歳から始めてきて、当然のように毎日練習して試合も「嫌だな」「緊張するな」と思いながらやってきたのが、離れてしまうと「試合に出たいな」「スケートをしたいな」と、身に沁みて実感したとも言ってます。

今までのように、100%の力を出せないのはとてももどかしいものだと思いますが、ファンの方々は復帰してくれたことにただただ感動ですよね。その後の西日本選手権でトゥループ、サルコウのジャンプを3回転にして挑み、次の全日本選手権でトゥループ、サルコウ、ループを3回転にしノーミスでショート・フリー合計点を200点越えとし、順位は9位だったものの復活といって良い滑りに本人やファンの喜びは大きかったでしょう。

全日本選手権に関しても山本選手は、ケガをするまでは出場を当たり前のように思ってたのが、ケガからの復活後は出場できることが幸せなんだと思うようになったそうです。

山本草太2018年度現在の様子はノーミスでアジアトロフィー優勝そして強化選手としてNHK杯出場!

今年2018年に入ってからは「第67回インターハイ」4位、「クープドプランタン」5位、「アジアンオープントロフィー」優勝、「フィンランディアトロフィー」9位、そして、ここ最近のNHK杯6位という成績を残しています。復帰後初となる国際大会のプランタン杯でアクセル以外の5種類のジャンプを3回転に戻しています。

2018年8月のアジアトロフィーでは、怪我から復帰後に初めて3回転アクセルの成功を達成し、優勝の結果を勝ち取りました。11月のNHK杯ではジャンプでミスはあったものの、スピンやスケーティングで確実にスキルの高さを見せてくれました。

スポンサーリンク




山本草太がイケメンと話題!彼女はいる?

男子フィギュア選手はイケメンが多いですが、山本草太選手もかなりのイケメンです。普段のひょうひょうとした感じと演技中のキリッとした表情のギャプがまたいいんですよね。そんな山本選手に彼女がいるのかは気になるところですが、今のところオフィシャルには彼女がいるという情報はありません。

フィギュアスケートは女子の多い競技ですし、練習や試合で密に時間を過ごすことも多いと思うので、親密になる機会も多々あるのでは?と思ってしまいますよね。ただ山本選手は怪我からの復帰後という事で、北京オリンピックに向けて1年1年が調整の勝負の年でしょうし、恋愛は優先順位が低いのかもしれないですね。

山本草太が高橋大輔を現役復活させた?

高橋大輔選手が現役復帰するきっかけとなったのが山本選手です。山本選手は怪我をし、リハビリをし、そんな挫折しそうになる時期を乗り越えて、今も復帰して堂々と魅せている姿に後押しされたのですね。山本選手も怪我によりジャンプがやりづらくなった分表現力で勝負しようと試行錯誤してる姿は本当にカッコイイと思います。

高橋大輔選手の記事はこちら→高橋大輔の現役復帰にコーチも歓喜!試合勘は戻った?

山本草太のスケートの魅力は?

山本草太選手のスケーティングの魅力は、何といっても滑らかな流れるような演技です。シングルのフィギュアスケートでは、もちろんジャンプが演技の重要な要素であり得点比率も大きくなっています。ですが山本選手のような滑らかな演技はやはり見ている人にも魅力的ですし、他の選手との差別化される部分でもあります。

怪我から復活後は、よりジャンプよりも滑らかな表現力に重点的に磨きをかけているようです。少年から大人の男性へと進化している山本草太選手の演技の表現力は、今後も要チェックですね。

山本草太が意識している選手は?

山本選手が意識している選手は羽生結弦選手です。『第2の羽生結弦』と言われているくらいですから、羽生選手から学んでいることも多いと思います。現に、かつては羽生選手の演技を録画したものを何度も何度も見ていたようです。

羽生結弦選手の記事はこちら→羽生結弦への海外の反応(ロシア)が素晴らしい!美しいのは演技だけじゃなかった?

また、二つ年上の宇野昌磨選手とは一緒に練習する機会があったみたいで、2人ともまだ4回転サルコーが出来なかった時に、先に山本草太選手が成功をさせるとすぐにその後、宇野昌磨選手も成功させたため、山本草太選手は宇野昌磨選手のことを「負けず嫌い」と思ったそうです。

山本草太選手と宇野昌磨選手にそのようなエピソードがあったなんて意外ですね。よきライバルといっていいのかもしれませんね。

宇野昌磨選手の記事はこちら

山本草太プロフィール

(出典:http://www.tokyo-np.co.jp)

2000年01月10日生まれの大阪府出身。身長は172cm、血液型はO型です。愛知みずほ大学瑞穂高等学校を卒業し、今は中京大学に在学中です。趣味は、映画・動画鑑賞 ・散歩・ ゲームです。今年の目標を「昨年の自分より成長すること」掲げていました。めげそうになることも沢山あるのに、前を向いて日々努力する山本選手の姿を見てファンの方々は見放さずに心から応援し続けているのですね。

山本草太とコーチの相性は?怪我を克服して復活についてまとめ

度重なる怪我に苦しめられた山本草太選手ですが見方を変えれば、それによってジャンプ一辺倒ではない表現力の強化といった、山本選手唯一無二の個性が磨かれたといってもいいのかもしれませんね。度重なる不運も自分の糧とする強さが、演技の中も光っていますよね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.