芸能人

青山敏弘の筋肉はヤバい?あるあるを検証してみた!

投稿日:

Pocket




Jリーグ・サンフレッチェ広島の青山敏弘選手の筋肉は素晴らしいです!またイベントでのファンサービスも神で、ハッシュタグの『♯あるある』でツイートされるほどです。そんな青山敏弘選手の見事な筋肉やあるあるなファンサ、そして家族の事や性格についても調べてみました。

スポンサーリンク




青山敏弘の筋肉がスゴい?

サッカー選手といえば、やはりアスリートのイメージです。アスリートは筋肉が命のような所がありますよね!一流アスリートの鍛えられた筋肉は、視覚的にもある種の美しさを放っています。サッカープレイヤーも多くの選手が鍛えられた筋肉を持っていますが、青山敏弘選手もその内の1人です。

(出典:https://ameblo.jp)

引き締まった身体に鍛えられた筋肉美が映えるんですよね!特に青山選手は筋肉の部位の中でも特に大胸筋が素晴らしいです。ストイックなトレーニングの賜物ですね。ところで2015年にはMVPを獲得し、優勝も果たした青山選手でしたが、同時に肉体の限界に達していたようなのです。

そして2017年の青山選手は、自分の思い描いた時に望んだスピードで走れるという事が、全くできなくなっていたようです。肉体から始まった青山選手の崩壊は、メンタルをむしばんでいきました。当時の青山選手はサッカーが怖く、練習して試合に出ているだけで、このまま引退してもいいと思っていたんだそうです。

心の支えは「自分がキャプテンである」という思いだけでした。『2018年は青山はキャプテンから外れる』という噂も流れました。それは少しでも青山選手の負担を軽くするべきという声でしたが、同時にそれは青山選手からすがるものを取り上げる事でもありました。そして新監督に就任した城福さんは、2018年1月29日、青山選手をキャプテンに指名したのです。

指揮官からの期待を感じた青山選手は、絶望の闇から、一筋の光が射し込んだように「やるしかない」と決意を奮い立たせました。池田誠剛フィジカルコーチのアドバイスに耳を傾け、ストイックに自分の身体の状況を変えるべく取り組みました。若い時は筋力に頼っていた青山選手でしたが、身体の機能性に気を配る事をしてこなかった為に、常に故障と隣り合わせで、やがて限界点に到達してしまったのです。

池田コーチのアドバイスに従い、少しずつ身体の『しなやかさ』を体得していった青山選手は、試合での自信の身体の動きに驚愕するほど、良くなっていました。そして、身体が動くようになったからといって、以前のようなスタイルでプレーする訳ではなく、周りがアタックをしかけ、こぼれてくるボールを自分が拾い、正確なパスワークで2次・3次の攻撃を仕掛けるというスタイルに変えていきました。

かつては強さと破壊力を利して、一発で局面を変えるエキサイティングなプレーを行っていた青山選手でしたが、今は頭脳を回転させ、いい判断で身体を動かし、決定的なシーンの一つか二つ、三つ前でのプレーでチームをまとめるんです。目立ちはしないものの、大切なところで必ず存在しているという。

1度はサッカーに恐怖を感じたという青山選手でしたが、肉体の復活と共にプレースタイルを進化させ、今ではチームの勝利のために自分がどう動くべきかを明確にできているんですね。

青山敏弘の神対応あるあるは?

青山敏弘選手の「あるある」は、ファンイベントでの神対応すぎるサービスです!ツンデレでありながら殺し文句の応酬、女性ばかりでなく男性も虜になってしまうのは、青山選手のファンサにおいては「あるある」のようです。 #青山敏弘あるあるのハッシュタグではツイートされまくっています。

記念撮影OKのイベントでは男性サポーターにダブルグーポーズを見せながら「こう?こうね?原監督ね」と要求に応じ、女子サポーターには何気に真横に並び、そっと肩に手を乗せ引き寄せての決め顔と、優しくも男前な神対応なんです。他には、女性サポーターの名前を憶えて「〇〇ちゃん?」とフレンドリーに呼んだ後「かわいいじゃん名前」と真顔で話したり。

サポーターの休憩スペースにいきなりサプライズ訪問して、急遽サイン会が始める事もあります。 サインをもらえていない男性サポーターに「そっちにはいいの?」とバッグに進んでサインしてあげたりと、こういった行動が枚挙にいとまなく、#青山敏弘あるあるとしてツイートされています。

そのような神対応ぶりですから、青山選手自身が自らの素晴らしい肉体に「あるある」と書いてしまうほどです。

(出典:https://togetter.com)

青山敏弘プロフィール

(出典:https://www.daily.co.jp)

出身地:岡山県倉敷市
生年月日:1986年02月22日 32歳
身長:174㎝
体重:75㎏
所属チーム:サンフレッチェ広島
背番号:6

青山敏弘選手は、小学生の頃からサッカーで素晴らしい才能を発揮していました。高校はサッカーの名門校・岡山作陽高校出身です。高校の時すでにサンフレッチェ広島の特別指定選手として登録されていたようで、それだけ素晴らしい才能があったという事ですね!

スポンサーリンク




青山敏弘のプレイスタイルは?動画で検証

青山敏弘選手は現在のプロサッカー選手としては珍しく、プロデビューから一度も移籍がなくサンフレッチェ広島一本で生え抜きで活躍しています。ポジションはボランチで、ボランチはチームの要といってもいいポジションです。全体の流れを常に把握し、攻守どちらもバランスよくこなさなければいけません。

青山選手のプレースタイルの特徴としては、攻撃的なパス回し、巧みなビルドアップ、そして相手からボールを奪う能力も高いと一目置かれています。サンフレッチェ広島にとって必要不可欠存在であることは間違いないでしょう。

青山選手の活躍するJリーグそして、テニスや野球他にも日本や海外のスポーツをライブ中継ばかりでなく、見逃し配信で見ることができる動画配信サービスが『DAZN』です!

月額1750円で見放題のプランですが、登録から1ヶ月間のお試し期間があるため、無料期間中に解約すれば料金は発生しないのですよ。専用のスマホアプリもありスマホでも楽しめますし、もちろんPCで見る事も可能です。

詳しくはこちらから
↓  ↓  ↓

青山敏弘の性格は?

(出典:https://www.sankei.com)

先述の通り、青山敏弘選手の性格は「ツンデレ」として知られています。ファンサービスがよく、天然で不思議な所があるそうですね。青山選手の性格の特徴としては

・ツンデレでファンサービスが神
・口をあまり開かずに口の左半分だけでしゃべる
・ノリがよくわからない時がある
・ひたすら熱い!
・女性だけでなく男性や年配の方まで虜にしてしまう
・そこらの女子より胸がある
・手の振り方が皇族のよう

という事が言われています。一言でいえば「魅力的な性格」といった所でしょうか。

青山敏弘の家族は?

青山選手は2010年に一般女性の「えり」さんと結婚しました。3月に長女が生まれていますので、いわゆるデキ婚ではないでしょうか。翌2011年に男の子が誕生、2014年1月に第三子が誕生しています。あまり情報はないのですが9歳ぐらいの長女と8歳ぐらいの長男には、青山選手がサッカーを教えているかもしれないですね。

オフの日はきっと、3人の子供と遊んでいるでしょうね。5人家族ですから、家も広くなくては住みづらいですよね。自宅の情報はありませんがチーム本拠地の広島県にあるのではないでしょうか。地価も東京より安いでしょうし。そして、青山選手が現在乗っている車の情報はありませんでしたが、数年前はレクサスのハリアーに乗っていたとの事です。

現在は手放したようなので、家族の為にさらに大きい車に乗っているのではないでしょうか。

青山敏弘選手の嫁についての記事はこちら→青山敏弘の嫁がかわいい?インスタで確かめてみた!

青山敏弘の筋肉はヤバい?あるあるについてまとめ

肉体面での挫折を味わい、そこから自分のプレースタイルを変化させて肉体改造にも取り組んだストイックな青山選手。だからこそ、そのツンデレなファンサービスや気遣いに独自の深みがでて、サポーターの心をつかんで離さないのでしょうね。ますます今後も活躍してほしいですね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.