未分類

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)と穴場駐車場は?

投稿日:

Pocket




2019年、東京でお花見に訪れるおすすめスポットの名所はもう決まりましたか?まだ決まってない人は、これから目的別に2019年の東京でお花見に訪れるおすすめスポットの名所を今からご紹介しますので、ぜひあなたの目的にあったお花見スポットを発見してみて下さい。

スポンサーリンク




2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➀王道宴会に最適の都立代々木公園(渋谷区)

(出典:https://sukini164.com)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➀である都立代々木公園は、東京でのお花見の大定番中の定番です!友達同士大勢でのお花見や会社でのお花見など目的の方には自信を持っておすすめできます。そして代々木公園は東京都区内にある都立公園の中では5番目の敷地面積を誇り、桜名所ですから出店もたくさんです。

渋谷原宿ならではのケバブ屋さんなどもいいですね!そして、その敷地も広さゆえ有名なお花見スポットにも関わらず、お花見につきものの朝からの陣地取り合戦もそこまで苦労はしないんですよね。土日でも大丈夫ですよ。

住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1

アクセス:JR原宿駅から徒歩で5分

駐車場:代々木公園駐車場(24時間営業)
料金 普通車 1時間 400円。以後30分毎に200円
収容台数 65台(うち身障者用4台)

国立代々木競技場有料駐車場(9時~23時)
料金 30分毎に200円
収容台数 173台

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➁お花見をしながら休日散歩の新宿御苑(新宿区)

(出典:http://www.jguide.net)

宴会もいいですが、ゆっくり散歩がてらお花見をしたい時には2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➁として名所・新宿御苑があります。東京都内では珍しく酒類持ち込み禁止、遊具類使用禁止のお花見スポットなのです。桜は約65種類1100本もありお散歩にも飽きることがありません。

池の周囲で桜が咲き誇る風景は、日々のストレスを忘れさせてくれます。1人でも、複数人でも、ゆっくりと桜を楽しみたいという日にはおすすめの桜スポットです。

住所:東京都新宿区内藤町11

アクセス:新宿御苑駅から徒歩で5分

駐車場:大木戸駐車場(6:30~21:00 出庫は24時間可能・年中無休)
料金:普通車<新宿御苑入園者>2時間まで600円、以後30分毎200円、当日最大料金(当日24時まで)2,400円
<新宿御苑入園者以外>30分毎300円、当日最大料金(当日24時まで)2,400円

京王新宿追分ビル駐車場(24時間営業)
収容台数 61台
料金:15分100円(8:00~24:00 ) 、30分 100円(0:00~08:00)、当日最大料金 1,600円
住所:東京都新宿区新宿3丁目1ー13
URL:https://parkingnavi.jp/details.php?parking_id=188

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➂ファミリー向け穴場スポットの国営昭和記念公園(立川市)

(出典:https://www.ozmall.co.jp)

立川市にある>2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➂国営昭和記念公園は、うるさいのは苦手だけど遊んだりしたいというあなたにおすすめ。約170ヘクタールの広大な園内を誇る国営昭和記念公園は都内の喧騒もなく、お子さんと一緒にキャッチボールが出来るほど広いのです。

住所:東京都立川市緑町3173
営業期間:9:30~17:00 (3月1日~10月31日)9:30~16:30 (11月1日~2月末日)
休園:月
TEL:042-528-1751
URL:http://www.showakinen-koen.jp/

アクセス:立川駅から徒歩で15分

駐車場:料金 普通車820円、720円(年間パスポート提示)
収容台数:立川口 1,755台(普通車)
西立川口 345台 (普通車)
砂川口 431台(普通車)

関西でお花見に行くならココ!→2019年お花見おすすめスポットの名所(関西)と穴場駐車場は?

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➃デートに最適な六本木けやき坂の夜桜(港区)

(出典:https://www.fashion-press.net)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➃はデートのメッカ、六本木ヒルズ。東京都内でも指折りの夜桜デートスポットです。150本のソメイヨシノが演出する、トンネルのような幻想的な桜並木は思わずうっとりしてしまいます。会社帰りに満開の夜桜の下での散歩、それから映画館やおしゃれなバーに繰り出すのも素敵なデートプランですね。

住所:東京都港区六本木6

駐車場:六本木ヒルズP9(24時間)
住所:東京都港区六本木6丁目12
料金:¥300 30分(最大料金24時間 ¥3,000)

六本木ヒルズP10(24時間)
住所:東京都港区六本木6丁目12
料金:¥300 30分(最大料金24時間 ¥3,000)

スポンサーリンク




2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➄目黒川中目黒桜まつり(目黒区)・六義園(文京区)

(出典:https://pixta.jp)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➄は目黒川中目黒桜まつり(目黒区)と六義園(文京区)です。目黒川沿いの桜並木は中目黒駅を中間地点に、池尻大橋駅(西終点)と不動前駅(東終点)の目黒川沿いの両岸に、ソメイヨシノが咲き誇ります。4月上旬に開催される「中目黒桜まつり」では、桜と一緒に踊りや音楽を楽しめます。

また桜最盛期にはライトアップも行われるので、幻想的な夜桜観賞スポットとしてもおすすめですよ。

住所:東京都目黒区東山~下目黒周辺
TEL:03-5722-6850(めぐろ観光まちづくり協会)

アクセス:東急東横線「池尻大橋駅」、東急目黒線「不動前駅」、東急東横線「中目黒駅」徒歩約5分

駐車場:コインパーク上目黒1丁目
住所:東京都目黒区上目黒1丁目13-7
収容台数・2台
料金:12分 300円(00:00-24:00)

(出典:https://www.travel.co.jp)

六義園は造園当時から江戸の二大庭園に数えられ、ソメイヨシノの発祥の地でもあります。お勧めは高さ15m・幅20mの大木のしだれ桜!ライトアップの時期は開園時間も延長され、普段は通行できない駒込駅からの染井門が開門します。

住所:文京区本駒込六丁目
TEL:03-3941-2222
開園時間:9:00~17:00、ライトアップ開催期間~21:00に延長(最終入園は30分前まで)
入園料:一般300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

アクセス:都営地下鉄三田線「千石駅」から徒歩10分、JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩7分

駐車場:タイムズ文京グリーンコート(6:45~24:00 無休) ※入庫時間は23:00迄
料金:平日 15分100円 最大料金1,200円、土日祝日 15分100円
収容台数:114台

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➅千鳥ヶ淵公園緑道(千代田区)・増上寺(港区)

(出典:http://www.tokyo-park.net)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➅は千鳥ヶ淵公園緑道(千代田区)と増上寺(港区)です。「千鳥ヶ淵」は江戸城のお堀で、皇居の西側に位置していて千鳥ヶ淵緑道側に約260本、北の丸公園側に約330本の桜が咲き誇ります。毎年桜の開花時期に「千代田のさくらまつり」が開催され、特に桜のライトアップは必見で近くにある靖国神社には屋台も出ます。

住所:千代田区九段南2丁目から三番町先
TEL:03-3556-0391(千代田区観光協会)

アクセス:「半蔵門駅」5番出口、東京メトロ「九段下駅」2番出口から徒歩5分

駐車場:NPC24Hニューリック九段ビルパーキング(7:00~22:00)
住所:東京都千代田区九段北1丁目13ー5
料金:30分 400円(最大料金4時間1,500円、24時間毎最大 2,000円)
収容台数:32台

(出典:https://www.travel.co.jp)

増上寺は600年もの歴史を持つ、徳川将軍家ゆかりの地です。大きく三本の枝垂れ桜は、増上寺の正門・三解脱門を抜けての広けた境内に拝むことができます。

住所:港区芝公園4-7-35
TEL:03-3432-1431(9:00~17:00)

アクセス:都営地下鉄三田線「芝公園駅」から徒歩3分、「御成門駅」から徒歩5分・JR線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩10分

駐車場:三田国際ビルガレージ(7:00-22:00)
住所:東京都港区三田1-4-28
料金:30分 300円
収容台数:306台
URL:https://www.tokyo-garage.co.jp/parking/list.html

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➆東京ミッドタウン(港区)・隅田公園(墨田区・台東区)

(出典:https://www.tokyo-midtown.com)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➆は東京ミッドタウン(港区)と隅田公園(墨田区・台東区)です。都心にあるからこそのお花見イベント「MIDTOWN BLOSSOM 2018」は東京ミッドタウンや港区立檜町公園が会場となり、桜群は見事にバランス良く植栽されています。

会期中は桜のライトアップ(17:00~23:00)やザ・リッツ・カールトン東京運営での期間限定ラウンジで、おしゃれなお花見が楽しめます。

住所:東京都港区赤坂9丁目7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン さくら通り沿いエリア
TEL:03-3475-3100(東京ミッドタウン・コールセンター 10:00~21:00)

アクセス:東京メトロ「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分、都営大江戸線「六本木駅」8番出口直結

駐車場:¥100/10分(年中無休24時間営業)
URL:https://www.tokyo-midtown.com/jp/access/car-bike/

(出典:https://hanami.walkerplus.com)

隅田川の両岸に位置する隅田公園は、川の流れに沿って左側が墨田区、右側が台東区に位置します。墨田区側に約340本、台東区側には約600本の桜が植えられ、満開の時期には東京スカイツリーとの共演も素晴らしいです。

住所:東京都墨田区向島
TEL:03-5608-6951(墨田区観光協会)

アクセス:都営浅草線「本所吾妻橋駅」から徒歩約8分、東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩約5分

駐車場:東駒形3-18akippa駐車場(7:00〜17:00)
住所:東京都墨田区東駒形3丁目18-7
料金:¥1,080 / 日

九州でお花見に行くならココ!→2019年のお花見おすすめスポットの名所(九州)と穴場駐車場は?

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➇上野恩賜公園(台東区)・深川お江戸深川さくらまつり(江東区)

(出典:http://newtouhoku.jp)

2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)➇は上野恩賜公園(台東区)と深川お江戸深川さくらまつり(江東区)です。花見の名所として江戸時代から続く上野公園は、約1200本もの壮大なスケールが織りなす、歴史的建造物と桜のコラボレーションを楽しめるお花見スポットです。

上野公園内の重要文化財「清水観音堂」から眺める桜、頭上を覆いつくす桜、約1200個ものぼんぼりなど、昼と夜でまったく違う桜の表情が楽しめます。

住所:台東区上野公園5-20
入園料:無料
開園時間:5:00~23:00
TEL:03-3828-5644(上野恩賜公園管理所)

アクセス:JR「上野駅」から徒歩1分

駐車場:上野パーキングセンター(24時間)
住所: 東京都台東区上野公園1番50号
料金:30分 250円(最大料金平日2,000円 /当日、休日3,000円/当日)
収容台数: 400台

(出典:https://www.poke.co.jp)

深川は都内有数のお花見スポットですが、人もまばらな超穴場となっています。門前仲町辺りでは「お江戸深川さくらまつり」も開催されます。

電話番号:03-3643-0114

アクセス:東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」4番出口徒歩2分

駐車場:パラカ 江東区深川第1
住所:東京都江東区深川2-14-6
料金:15分100円(8:00-19:00) 60分100円(19:00-08:00) 最大500円(19:00-08:00) (1番車室24時間最大1,400円、2-8番車室24時間最大1,800円)

テーマに合わせてお花見に行こう!2019年のお花見おすすめスポットの名所(東京)まとめ

一口お花見といっても、少人数で行くのか大人数での宴会なのか純粋に桜を楽しむのかお酒を飲むのかによって、訪れるスポットも変わってくるといえるでしょう。2019年のあなたのお花見のテーマは何でしょうか。目的に合わせて楽しんでみて下さいね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-未分類

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.