芸能人

朴槿恵の判決予想!懲役何年になるの?

投稿日:

Pocket

韓国の朴槿恵前大統領の判決予想が懲役何年になるのか、話題になっていますね!韓国を揺るがした大スキャンダルですから、当然朴槿恵前大統領の判決予想が懲役何年になるのかは、注目されてしかるべきだと思います。そこで、朴槿恵前大統領が在籍中にどのような罪を犯したのかを、調べてみる事にしました。

スポンサーリンク




朴槿恵の判決予想は?

(出典:https://www.sankei.com)

朴槿恵前大統領の判決公判が2018年4月6日にテレビ実況中継されました。判決予想が懲役何年かの声は、事前に色々と聞かれていました。韓国全体を揺るがすほどのスキャンダルでしたし、政財界のエリートたちに対して国民の怒りが沸騰していた事件なので、判決予想も懲役何年かは厳しめの意見が多かったのは周知のとおりです。

朴槿恵は懲役何年になる?

朴槿恵前大統領の判決予想は懲役何年かが気になるところですね。一体判決予想は懲役何年になるのでしょうか。やはり懲役24年というのが、妥当なようですね。朴槿恵前大統領の失脚の原因となったスキャンダルの中心にあるのは、朴槿恵前大統領と崔順実さんとの友人関係です。2人は幼少期からの友人で、朴槿恵前大統領が大統領に就任した後も、最も信頼される人物として近い関係にありました。

ですが、朴槿恵前大統領との親しい関係を背景に崔順実さんが国政に介入したと指摘され、2人の関係は国民の厳しい視線にさらされるようになったのです。崔順実さんに不適切なレベルで政府資料を見せ、崔順実さんの国政へ関与を隠していたと主張しています。公聴会が何度も開かれ、街頭で朴槿恵前大統領の辞任を求める抗議デモが何ヶ月も続き、朴前大統領は2016年3月に大統領を罷免されました。その後間もなくして逮捕され、勾留が続いていたのです。

朴前大統領は強要罪や収賄罪など18件の罪状で起訴され、その大半で有罪となりました。汚職の罪などに問われた崔順実さんは2017年2月に一審で有罪判決を受け、懲役20年の実刑判決を受けています。朴前大統領のスキャンダルによって、韓国の政治エリートと密接につながる、韓国経済で圧倒的な力を持つ「チェボル(財閥)」の存在があらためて浮き彫りになり、批判の対象となっています。

そしてこの事件を通じて、リベラルで、朴前大統領と政治的に対立を続けた文在寅さんが支持を集め、結果的に後任の現大統領となったのです。

朴槿恵の罪名は何?

朴槿恵前大統領の罪名なのですが、実に18件(!)あるのです。実際には22件とも言われています。

・サムソンにKスポーツ財団に対する搬出金204億ウォン要求⇒贈収賄罪無罪
・サムソンに韓国冬季スポーツ才能センター16億2800万ウォン支援要求⇒贈収賄罪・職権乱用・強要罪有罪
・サムソンにチョン・ユラさんに対する乗馬支援213億ウォン約束⇒贈収賄罪一部有罪
・大企業53にKスポーツ財団に対する搬出金774億ウォン強制募金⇒職権乱用罪無罪・強要罪有罪
・ロッテにKスポーツ財団に対する追加搬出金70億ウォン要求⇒贈収賄罪&職権乱用・強要罪有罪
・SKにKスポーツ財団に対する搬出金89億ウォン要求⇒贈収賄罪有罪
・KTに特定の企業との広告契約や人事の請託を強要⇒職権乱用罪無罪・強要罪有罪
・現代社にチェ・スンシルを含む知人の会社に納品契約や広告発注をするよう要求⇒職権乱用罪無罪・強要罪有罪
・ポスコにフェンシングチームの創設や他団体のマネージメント契約を強要⇒職権乱用・強要罪有罪
・KBEハナ銀行にチェ・スンシル側の側近人物を本部長に任命することを強要⇒職権乱用罪無罪・強要罪有罪
・GKLに障害者フェンシングチームの創設や他団体のマネージメント契約を強要⇒職権乱用・強要罪有罪
・文化芸術・・・(翻訳不可)リストに消極的な一級公務員3名の辞職圧迫⇒職権乱用・強要罪有罪
・文化芸術・・・(翻訳不可)リストの作成&実行を指示⇒職権乱用・強要罪有罪
・映画「弁護人」など制作したCJグループの副会長に退陣要求⇒職権乱用・強要未遂罪有罪
・前・文化体育観光部体育局長の辞職圧迫⇒職権乱用・強要罪有罪
・チョンホソンを通してチェ・スンシルに青瓦台文書流出⇒公務上秘密漏洩罪有罪

有罪・一部有罪と判断されたのは17件ですが、報道媒体によって若干件数の差があります。しかし、大統領という立場を利用して多くの職権乱用・強要により企業にお金を出させたという訳ですね。

スポンサーリンク




朴槿恵の判決内容詳細!

朴槿恵前大統領の知人のチェ・スンシルさんに下された判決内容は懲役20年+罰金180億ウォン(18億円)でした。そして今回朴槿恵前大統領に下された判決は懲役24年+罰金180億ウォン(18億円)。裁判にかけられたのは18件の罪で有罪が17件、無罪が1件の判決でしたが「朴槿恵前大統領は裁判に現れず何も反省していない」ということで、情状酌量の余地がなく司法として厳しい判決をした、というもののようです。

では実際、懲役24年が確定すると朴槿恵前大統領は本当に24年間出てこないのでしょうか。それについては、いずれ何らかの特赦で減刑され出てくるのでは、と言われています。というのは、韓国の歴代大統領には何人も「死刑宣告」や「懲役刑」を受けた人がいます。ですが後の大統領の判断によって死刑を恩赦で免除になったり、大幅に懲役刑を減刑されています。

第13代ノ・テウ大統領は政治資金がらみの罪で1995年に無期懲役を控訴、そして懲役15年が確定しました。しかし1997年に特赦により実質2年で出所しています。ですから、朴槿恵前大統領も韓国世論の反応次第ですが、24年も拘束されることはないのではないでしょうか。

朴槿恵の懲役24年罰金18億円に対する韓国人の反応は?

懲役24年+罰金180億ウォンという重い判決に、韓国国民はテレビ生中継で知ってどう思っているのでしょうか。

・こんなゴミの裁判は早く終わらせてつるしあげろ
・懲役24年ではなく240年では?
・だいぶ大目に見たんだね
・これで裁判?無期懲役にするべき
・240年でも足りない。24年なんて論外。

やはり、韓国民の評価も辛辣ですね(><)

朴槿恵前大統領が新大統領とくっきり明暗別れ最悪事実上の終身刑?

(出典:https://news.yahoo.co.jp)

2017年5月9日の韓国大統領選で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は前回2012年の雪辱を晴らしました。内政、外交、安全保障と課題は山積ですが、極めて高い88%という支持率に救われていますね。そして、朴槿恵前大統領が2018年臭い飯を食べさせられている現状があります。

(出典:https://www.sankei.com)

2016年10月に親友・崔順実さんへのファミリーに無数の便宜を図ったという疑惑が噴出し、4ヶ月以上に及んだ大規模な退陣要求デモと弾劾審判を経て、2017年3月10日に大統領の座から外されました。史上最低の支持率5%を記録したのも、記憶に新しいですね。もし、すべての容疑で朴前大統領が有罪になると、量刑は最大で懲役45年となるため、65歳の朴前大統領にとっては終身刑に等しいでしょう。

現在朴前大統領はすべての容疑を否認しており、猛烈な国民の批判の中でも、法廷で全面対決する姿勢です。しかし、国家レベルの裁判を争うために、十分な弁護士が集められていない不安があります。

朴槿恵がドタバタ開店休業状態の弁護団を入れ替え?弁護は百害あって一利なしとのこと!

朴槿恵前大統領を支えてきた弁護団は、2016年12月の弾劾審判以降9名です。ところが韓国の法曹界では、特別検察の熾烈な追及に対抗できるほどの実力者はいないという噂です。さらに、弁護士間の不和で弁護団が開店休業状態といわれれている状況です。そのせいか、朴前大統領は逮捕されると、9名中7名を解任してしまいました。

2018年完全無罪を訴え、検察との全面対決に踏み切る朴前大統領ですが、前途は多難のようですね。

朴槿恵の判決予想と懲役何年かについてまとめ

朴槿恵前大統領の判決は、かなり厳しいものになる事が予想されますが、韓国民の感情を考えれば、やむを得ないのでしょうか・・・

スポンサーリンク





関連記事
朴槿恵は現在どこにいる?2018年の生活を調べてみた!

関連記事



-芸能人

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.