芸能人

明石家さんまの事務所は吉本じゃない?所属タレントを調べてみた!

投稿日:

Pocket



明石家さんまさんって事務所は吉本興業の所属タレントではないのでしょうか?いえ、事務所は確かに吉本興業に所属しています。そして、節税と自身のマネジメントの為に個人事務所も設立しているんです。こちらの所属タレントには、誰がいるのでしょうか。今回は、明石家さんまさんの事務所について詳しく調査しました。最後までお楽しみくださいね。

スポンサーリンク




明石家さんまの事務所はどこで所属タレントは?名前はオフィス事務所!

明石家さんまの所属事務所は?

(出典:https://eiga.com)

明石家さんまさんの所属事務所は、吉本興業です。その一方で節税と自身のマネージメントが目的の個人事務所「オフィス事務所」も設けていて、仕事やギャランティー管理はこちらで行うようですね。オフィス事務所には、ラサール石井さんや村上ショージさん、松尾伴内さんといったタレントが所属しているといわれています。

ラサール石井さんは、ひょうきん族での共演がきっかけでさんまさんと仲良くなったそうで、松尾伴内さんは、師匠は北野武さんですが、一時期はさんまさんの付き人をしていた経緯もあり、親交が深いと言われています。村上ジョージさんは、昔から多くの番組で共演していて、さんまさんの相方的存在です。

そして皆、それぞれに他に所属事務所は存在します。松尾さんはオフィス北野、ラサール石井さんは石井光三オフィス、村上ショージさんは吉本興業の所属タレントなんですね。もし、宮迫博之さんが、さんまさんの個人事務所の所属タレントになれば、初の純所属タレントになりそうです。

さんまさんが後ろ盾につく事で、宮迫さんへのメディアの対応も変わってくるかもしれません。

個人事務所を設立した経緯は?

明石家さんまさんが個人事務所を設立したのは、同期で親交も深い島田紳助さんのアドバイスによるもので、紳助さんも個人事務所を設立しています。紳助さんの個人事務所は「130R」という名前です。ちなみに、板尾創路さんは紳助さんへの弟子入りを断られていて、紳助さんに許可を得て、ほんこんさんとのコンビ名に「130R」を使う事ができたそうです。

島田紳助さんの記事はこちら
↓  ↓  ↓
島田紳助の今はマッチョ?引退理由は上原美優と飯島愛だったのか検証

他には、西川きよしさんは大阪に「オフィス西川」という事務所を所有していて、オール巨人さんも個人事務所を所有していて、事務所は「有限会社コケコッコー」という名前です。吉本芸人以外で個人事務所を所有している芸能人としては

・絢香さん&水嶋ヒロさん(結婚を機に「AstAtion」という個人事務所を設立)

・安室奈美恵さん(2018年に「stella88」という個人事務所を設立)

・沢尻エリカさん(2010年3月に個人事務所「エル・エクストラテレストレ」をスペインに設立)

といった人たちがいます。

明石家さんまの事務所の所属タレントはデマだった?

先述のように明石家さんまさんの個人事務所「オフィス事務所」に、所属タレントとしてラサール石井さんや村上ジョージさんらがいるといわれていましたが、事実は違ったようです。さんまさん本人がラジオ番組で、ラサールさんや村上さんらが所属タレントであるという件について、「デマ。私が一番驚いている」と、完全否定しました。

なぜこのような報道が出たのかについては、さんまさん曰く、毎年オフィス事務所が主催するイベントに、ラサール石井さんや村上ジョージさんが出演していたからでは?と話しています。明石家さんまさんのウィキペディアには、オフィス事務所の所属タレントとしてラサール石井さんたちの名前がありますが、さんまさん本人が否定している為、所属はしていないというのが真相のようですね。

明石家さんまが個人事務所で独立したのはいつ?

所属事務所は吉本興業である明石家さんまさんが独立したのは、いつなのかについてですが、正確な情報はないものの、ネット上では2013年から事務所関連の話題が増えているので、おそらくこの時期かもしれません。ですが個人事務所となると、独立したように思えますが、さんまさんの場合は独立ではないようです。

つまり、吉本興業と個人事務所の両方に所属しているという訳です。なぜ複数の事務所に所属するのかの理由は、やはり一番は「節税」です。

スポンサーリンク




明石家さんまが個人事務所で節税できる仕組みとは?

複数の事務所に所属すると、ギャラに対して所得税や住民税がかかりますが、いったん事務所の収入という形で受け取ってから自分の給料という形にする事で、かなり節税ができるんだそう。大元の金額が同じでっても、個人で直接受け取るか、会社として受け取るかで、税金の支払いが変わってくるという事ですね。

会社ならば経費を差し引けるので、経費を引いた残りを給料にする事でかかる税金が少なくなります。また、家族を役員などにする事で、所得を分ける事によりさらに節税になるんだそう。

明石家さんまの所属事務所はいくつなのか吉本にも在籍が許されてる?

(出典:https://mt-j.info/)

先述のように、吉本興業と自身の個人事務所の2つに所属する明石家さんまさんが吉本に入社したのは、現在の大崎洋会長が入社する4年前でした。「お笑いBIG3」のさんまさんはテレビ局に対しても影響力があり、吉本の中でも「雲の上の存在」なんですね。なのでタレントというよりは「業務提携」といった関係性のようです。

闇営業騒動の会見では、吉本興業の岡本昭彦社長が「さんまさん」「松本さん」と敬称で呼んだのも、岡本社長がマネージャー時代からのスターだった事で、さんまさんは岡本社長より上の存在、大崎会長とは「戦友」といった間柄といえるのかもしれません。

明石家さんまが個人事務所で宮迫博之を救済?発言に称賛と支持の声が!

明石家さんまさんは吉本を契約解除になった芸人を受け入れる事にかなり前向きで、以前のインタビューでは『何があっても我々は芸人サイドの味方』、そして宮迫さんについて『フリーになったのなら、うちの事務所にほしい』と話していました。この、さんまさんの発言には、称賛と支持の声が聞かれました。

・どうしてさんまさんは宮迫の事しか言わないのかなと思ったら、金曜夜だから亮くんはまだ契約解除されてなかったんだ

・コンビごとどっちもさんまさんの個人事務所に移籍できたらいいなー
全然吉本と関係ない事務所に移るより、なんんとなくどっちの顔も立てる事ができそう

・さんまさんがフリーになった宮迫さんを、自分の個人事務所で雇うっていうのが、松っちゃんの松本興業を作る話と同じで素晴らしいなと思う

明石家さんまが吉本との決別も覚悟?

先述のように、闇営業騒動での明石家さんまさんのスタンスは、会社への恩義があるとしながらも、芸人サイドに立つと宣言しました。吉本との関係についても、「『会社やめてもらおう』となったら仕方ない事」と決別も覚悟していたのですね。

明石家さんまの吉本騒動に対する心境は?

(出典:https://mantan-web.jp)

宮迫さんをはじめとする、芸人側の味方だと宣言したさんまさん。その事で吉本から辞めるよう言われた場合の覚悟も決めています。ですが、吉本としてもさんまさんを手放す事は絶対にできないのではないでしょうか。現時点では、今まで通り吉本にも所属しているさんまさん。

また、自分から吉本を辞めることはしないと発言しています。それは、「若い、困ってるやつらを助ける為に、中にいる」という事なんですね。会見でも『ファミリー』という言葉が頻繁に出ましたが、まさにこれが親身に思ってくれている人の姿といえます。

明石家さんまさんの生い立ちについての記事はこちら
↓  ↓  ↓
明石家さんまの生い立ちに絶句!兄と継母の現在は?

明石家さんまの事務所は吉本じゃない?所属タレントについてまとめ

明石家さんまさんの後輩芸人への愛情の深さは、自身の壮絶な生い立ちに由来するのかもしれませんね。器の大きさも超一流なんですね!

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 芸能・スポーツ地獄耳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.